〔香港〕中国公安当局、香港に初の渡航警報発出か

アジア発の有効なビジネス情報を手軽にキャッチ!

中国公安省出入境管理局が最近、香港を訪れる中国本土の旅行客に「安全警報」を発したとの情報が伝えられている。事実ならば、香港が中国へ返還されて以来初めてという。29日付明報が消息筋の話として伝えた。

同筋によると、出入境管理局は27日、下部機関に対し、香港への旅行や就業などのビザ申請者に渡航安全警報を出すよう通知した。手続きの際には、申請者の身元などを確かめ、緊急時の連絡先を登録してもらうことや、暴力などの不法行為を受けた場合は必ず関係機関に連絡することを徹底するよう指示した。

香港では9月に政府などに対する抗議活動が再び過激化し、本土の中国人を狙った暴力行為などが起きかねないという公安当局の情勢判断が、背景にあるという。旅行業の従業員でつくる労働組合団体、香港旅遊業雇員総会の林志挺・総幹事は安全警報の発令について「聞いていない」としながらも、「現在、多くの国・地域が同様の警告を発しており、本土当局が発令しても不思議ではない」と述べた。ただ、こうした状況が続けば香港への旅行意欲がさらに弱まり、「今後半年の香港旅行業界は悲惨な状況が続くだろう」と嘆いた。

同筋はまた、香港で続く抗議活動に関し、「(9月に新学期が始まる)学校で大規模な授業ボイコットが起きるかどうかが、香港問題に対して中央政府が対処方針を判断する分水嶺」になると指摘。仮にそうなれば、香港政府には対応力がないと判断し、中国政府が直接介入に踏み切る可能性があるとの見方を示唆した。

情報提供:株式会社NNA
アジア13カ国の拠点から、毎日300本の記事を有料で配信。現地の生きた経済・ビジネス情報を日々、素早く手軽にキャッチできる。現在7000社、約1万6000人のビジネスパーソンが活用。
https://www.nna.jp/corp_contents/infomation/2019/190802_nna/

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

この著者の最新の記事

関連記事

アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. アメリカ在住者で子どもがいる方なら「イマージョンプログラム」という言葉を聞いたことがあるか...
  2. 2024年2月9日

    劣化する命、育つ命
    フローレンス 誰もが年を取る。アンチエイジングに積極的に取り組まれている方はそれなりの成果が...
  3. 長さ8キロ、幅1キロの面積を持つミグアシャ国立公園は、脊椎動物の化石が埋まった岩層を保護するために...
  4. 本稿は、特に日系企業で1年を通して米国に滞在する駐在員が連邦税務申告書「Form 1040...
  5. 私たちは習慣や文化の違いから思わぬトラブルに巻き込まれることがあり、当事務所も多種多様なお...
  6. カナダの大西洋側、ニューファンドランド島の北端に位置するランス·オー·メドー国定史跡は、ヴァイキン...
  7. 2023年12月8日

    アドベンチャー
    山の中の野花 今、私たちは歴史上経験したことのないチャレンジに遭遇している。一つは地球温暖化...
  8. 2023年12月6日

    再度、留学のススメ
    名古屋駅でホストファミリーと涙の別れ(写真提供:名古屋市) 以前に、たとえ短期であっても海外...
ページ上部へ戻る