〔シンガポール〕カード大手JCB、OCBC銀と提携

アジア発の有効なビジネス情報を手軽にキャッチ!

クレジットカード大手JCBは2日、海外業務を行う子会社JCBインターナショナルがシンガポールのOCBC銀行と提携したと発表した。OCBC銀のカード加盟店や現金自動預払機(ATM)でJCBカードを利用できるようになる。

シンガポールで加盟店網の拡大を狙うJCBと、加盟店のサービスを拡充したいOCBCの意向が一致した。JCBの広報担当者は、「OCBC銀との提携で、特に百貨店やスーパーマーケットなど日用品関連の商品を購入できる店舗でのカードの利便性が高まる」と説明した。

JCBは、シンガポールでDBS銀行、UOB銀行と既に提携しており、今回の発表で地場3行全てと提携関係を結ぶことになる。3行のうち、UOB銀とはカードを共同発行している。

JCBは世界23カ国・地域でカードを発行。国内外の会員数は1億3000万人以上、加盟店数は約3000万店となっている。アジア地域では中国、韓国、台湾などで特に会員が多い。日本人会員による海外でのカード利用に加えて、海外で現地消費者向けのカード発行にも力を入れている。

情報提供:株式会社NNA

アジア13カ国の拠点から、毎日300本の記事を有料で配信。現地の生きた経済・ビジネス情報を日々、素早く手軽にキャッチできる。現在7000社、約1万6000人のビジネスパーソンが活用。
https://www.nna.jp/corp_contents/infomation/2019/190802_nna/

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

この著者の最新の記事

関連記事

Universal Mobile
資格の学校TAC
アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. Q.子どもは日本の理系の大学に進みたいといいます。帰国生が理系を選択するのは不利になりますか。 ...
  2. 突然ですが、女性の皆さんは、布ナプキンを使ったことはありますか? 実は私は一度も使ったことが...
  3. ご自身が生涯をかけて働き、築き上げ、成長させてきた資産があれば誰もが大切な人に受け継いで欲し...
  4. ある時、SNSを通じてTASKIという教育サポートグループが主催するウェビナーのお知らせが届...
  5. カナダ東部のケベック州は、人口の80%がフランス系移民、フランス語を公用語とする異色の州。そ...
  6. 私は長い間、天国を探して生きてきたような気がする。ほとんど前進していないのろまさだが、一応、...
  7. アメリカで新たな事業を手がける人物をクローズアップするインタビューシリーズ。MBA(経営学修士)クラ...
  8. 代替食品って何? 代替食品とは…… 肉や魚といった動物性の食品を植物性に置き換え、味や見...
ページ上部へ戻る