〔ベトナム〕ソフトバンク孫会長、越のフック首相と会談

アジア発の有効なビジネス情報を手軽にキャッチ!

ソフトバンクの孫正義会長は22日、ベトナムのグエン・スアン・フック首相と東京で会談した。東南アジアの配車アプリ最大手グラブに計30億米ドル(約3250億円)を出資していることなどを伝えた。首相は、さらなる投資を期待し、協力していく考えを示した。政府公式サイトが22日に伝えた。

孫氏は、過去数年のベトナムへの投資が利益に貢献しているとの見方を示した。ベトナムが経済成長を続けていくためには、外資の誘致に力を入れ、新技術を呼び込んでいかなければならないと指摘した。

ソフトバンクは2014年、グラブに2億5000万米ドルを出資した。グラブの17年の資金調達(ソフトバンク含む2社で計25億米ドル)にも参加し、18年にはグループの投資ファンド「ソフトバンク・ビジョン・ファンド」が14億6000万米ドルを出資。グラブの筆頭株主となっている。

会談に同席したグラブの担当者は、ベトナムにはこれまで2億米ドル以上を投資し、22万人以上の雇用を創出したと説明した。同国には、向こう5年で5億米ドルを追加投資し、金融技術の強化やライドシェアサービス、貨物輸送サービスなどの向上を図る。

フック氏は「『イノベーションセンター』の設立など、より広範な事業展開を期待したい」と話した。投資に対し、政府が協力すると約束した。ソフトバンクの広報担当者は、グラブは現在、ソフトバンク・ビジョン・ファンドの投資先企業のうちの1社だと説明。グラブ以外の投資先で、ベトナムで事業展開している企業はないという。

情報提供:株式会社NNA

アジア13カ国の拠点から、毎日300本の記事を有料で配信。現地の生きた経済・ビジネス情報を日々、素早く手軽にキャッチできる。現在7000社、約1万6000人のビジネスパーソンが活用。
https://www.nna.jp/corp_contents/infomation/2019/190802_nna/

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

この著者の最新の記事

関連記事

アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. 働き方に対する考え方は、アメリカと日本では大きく異なります。雇用、残業、休憩時間、ハラスメ...
  2. 2022年6月7日

    はじめてのおつかい
    動画配信サービスのNetflixで『はじめてのおつかい』が人気だ。英語のタイトルは『Old...
  3. 2022年6月5日

    住めば都
    ジャカランダの道 太陽が暖かい。春から夏にかけ、輝く青空と真綿のような太陽の暖かさは格別だ。...
  4. これからのエンターテインメントの未来を変えるといわれているNFTs。今回は、中でも簡単にイメージで...
  5. モンタナ州で グランピング体験 モンタナ州の北部、カナダとの国境に位置するグレイシ...
  6. 2022年4月12日

    大学の日本語クラス
    アメリカの大学の日本語クラスは人気がある。私自身、過去にカリフォルニア大学ロサンゼルス校(U...
  7. 2022年4月10日

    家を遺す
    家の売買に関わる仕事を長年している。人それぞれ異なった理由でこの職業を選択するのだろうが、私...
  8. 大西洋岸に面したカナダのノバスコシア州にある小さな港町・ルーネンバーグ。赤、青、緑、黄色……...
ページ上部へ戻る