ソーシャル・ディスタンシングに負けない!

あっという間にもう5月。私の住むテキサス州ダラスでは、すでに気温が90℉(32℃)を超える日もちらほら出て来はじめました。皆さんがお住まいの地域はいかがでしょうか。そんな5月に入った今でも、相変わらず新型コロナウイルス(Covid-19)に関する暗いニュースが毎日入ってきますね。まさかこんな長期戦になるとは……。まだまだ終着点が見えないですが、日々健康第一・安全第一で頑張っていきましょう!

この新型コロナウイルスの影響で、ロックダウンやオーバーシュートなど、今まであまり耳にしたことのないような用語が使われるようになりました。その一つが、ソーシャル・ディスタンシング(Social Distancing)です。これは公衆衛生戦略を表す用語で、「疾病の感染拡大を防ぐため、意図的に人と人との物理的距離を保つこと」。今やスーパーでも公園でも、あちらこちらで「人と人の間を6フィートあけましょう」といったポスターが見受けられます。基本的に皆ルールを守り、きちんと距離をあけながら社会生活をしているようです。

アジア圏と違ってアメリカではマスクをする習慣がないため、アメリカ人がマスクをつけて外出する日なんて永遠に来ないだろうと思っていたのですが、今ではマスクをしていない人を探すのが困難なくらい。また、外出禁止令に伴って始まった在宅勤務も、もう1カ月以上続けている人がほとんどです。新型コロナウイルスの影響で、日々の生活スタイルも大きく変わってきているようですね。

感染拡大防止のため、確かに物理的には人と人との間の距離をあけておかなくてはなりませんが、こんな今だからこそ、精神的・社会的な心の繋がりを持ち、お互いを支えあっていきたいものです。私は現在DJCW (Dallas Japanese Career Women) という、ダラスで働く日本人女性を応援する団体を共同運営しているのですが、先月その会のイベントとして「働く女性たちを応援し心のネットワークを繋げよう」という趣旨のバーチャル・ハッピーアワーを実施しました。簡単に言うと、TV会議ツールを使って家から出席する集まりです。

バーチャルな環境なため、ダラスだけでなくニューヨークや東京からも出席者が集まり、とてもステキな会となりました。今ニューヨークでは皆どんな感じで働いているのか、東京ではどんな生活をしているのかなど、実際にそこに住んで働いている人たちから生の声を聞くことができるので、参加者は皆興味津々。ただの女子会じゃないの?と言ってしまえばそれまでですが、在宅が続いて鬱々としている昨今、こんな形でも人と楽しく話せるのはいいものです。

情報シェアができるだけでなく、ネット上の会話を通して「一人じゃない、皆頑張っているんだ」と思えるのは大事ですよね。ノーメイクでも部屋着でも気軽に参加できますし、酔っ払っても飲酒運転の心配ゼロ! こんな形の新しい集まり方、これから流行っていくかも?

ソーシャル・ディスタンシングで簡単に会えない時期だからこそ、いつもとは違う形で皆を応援しようと動いている団体も増えてきました。私がいつも通っているスポーツジムは現在休業中なのですが、無料でヨガやピラティスなどのビデオレッスンをネットで公開しています。通常なら有料となる1時間のレッスンですが、コロナに負けず頑張ろうということで、無料公開しているとのこと。ありがたい心づかいですね。運動不足になりがちですが、おかげさまで助かっています。

また、ダラスのマクドナルドや一部のローカルレストランなどでは、医療関係者をサポートしようということで、平日は無料ランチを提供しているようです。病院や薬局などで働いている方は社員証を見せれば無料になるとのこと。そういった心づかいも嬉しいですね。

トイレットペーパーの買い占めだとか、マスクの便乗値上げなどの悲しいニュースも聞きます。一方で、こんな時期だからこそお互いを助け合っていこうと頑張っている人たちもいます。いつもの日常が日常でなくなっている今だからこそ、人の温かさや心の繋がりを大切にしていきたいですね。

DJCW(Dallas Japanese Career Women)のホームページはこちらです。興味のある方はご参照下さい。
https://www.djcw.org/

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

北村祐子 (Yuko Kitamura)

北村祐子 (Yuko Kitamura)

ライタープロフィール

在米22年。津田塾大学を卒業後に渡米し、ルイジアナ大学でMBAを取得後、テキサス州ダラスにある現在の会社で勤務すること19年目。ディレクターとして半導体関係の部品サプライチェーン業務に関わるかたわら、アメリカで働く日本人女性を応援しようと日々模索中。モットーは、「鳴かぬなら 鳴かせてみせよう ホトトギス」。

この著者への感想・コメントはこちらから

Name / お名前*

Email*

Comment / 本文

この著者の最新の記事

関連記事

注目の記事

  1. コロナ禍の3カ月の自粛生活は、私たちそれぞれに、自分の忙しい生活を今一度振り返る良い機会とな...
  2. ニューヨークを拠点に、さまざまなセミナー、フェスティバルやディナー会などのイベント、質の高い日本食を...
  3. 疲労の原因には、精神的ストレス、身体的ストレス、生活環境ストレス...
  4. 2020年6月6日

    第74回 世界は変わる
    新型コロナウィルス(COVID-19)の世界的大流行が起こってから、約2カ月が過ぎようとして...
  5. 2020年6月5日

    第82回 実践的教育
    この原稿を書いている2020年4月現在、全米は新型コロナウイルスのパンデミックの渦中にある。...
  6. アメリカ先住民族であるプエブロ族は2000年以上もの間、アメリカ南西部の広大なエリアで生活を...
  7. 新型コロナウィルスの影響により、2021年の入試の状況は変更となる可能性があります。 中学受験...
  8. 2020年4月5日

    第73回 明日の家
    最近、自己反省する機会があった。 家の売買を仕事としているので、ありとあらゆる家を見て...
  9. 2020年1月1日よりカリフォルニア州消費者プライバシー法(CCPA)対象企業は、公表してい...
  10. 2020年4月1日

    第81回 日本語の継承
    今回は「アメリカの学校」ではなく、「アメリカで育つ二世の子どもたちの日本語教育」というテーマ...
ページ上部へ戻る