IATA、トラベルパスの取り組みが加速、航空16社とテストを開始

by IATA International Air Transport Association

IATA(国際航空運送協会)はCOVID-19のワクチン接種が世界的に進んでいる中で、旅行者が安心して国際旅行ができるように、COVID-19検査やワクチンの証明書を保存・管理できるモバイルアプリ「IATAトラベルパス」の開発が進んでいる。このアプリは2021年3月末までにiOSおよびAndroidストアで提供される予定。

IATAは、このアプリを使って、各国政府に入国者に検疫を課さずに国境を再開する自信を持ってもらうことも目指している。

IATAトラベルパスを通じて提供される情報は、次のような情報構成となっている。
・健康上の要求事項の世界的な登録 – 旅行、検査、ワクチンの要求事項に関する正確な情報
・検査・予防接種センターのグローバル登録 – 目的地で必要とされる検査・予防接種の基準を満たす、出発地の検査センターやラボの特定
・ラボアプリ – 認定されたラボやテストセンターを検索し、検査証明書やワクチン接種証明書を安全に共有
・デジタルパスポートモジュール – 搭乗者が「デジタルパスポート」を作成し、検査証明書や予防接種証明書を受け取り、旅程が十分であることを確認し、検査証明書や予防接種証明書を航空会社や当局と共有し旅行が円滑に進むようにする

旅行者はこのアプリを利用することで、旅行中の旅行書類をデジタルでシームレスに管理することが可能になり、旅行体験の向上につながります。またデジタル管理のために紙のプロセスよりもはるかに効率的として期待されている。

現在はANA、エミレーツ航空、カンタス航空、シンガポール航空、マレーシア航空など16社が導入して実証実験を行なっている。

■詳細:
IATA:https://www.iata.org/en/youandiata/travelers/iata-travel-pass-for-travelers/

ANA:https://www.anahd.co.jp/group/pr/202103/20210310-3.html

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

この著者の最新の記事

関連記事

アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. 九州より広いウッド・バッファロー国立公園には、森と湿地がどこまでも続いている ©Parc nati...
  2. 2022年12月9日

    住みたい国
    熊本県八代市の「くまモンポート八代」で 8月の終わりから9月中頃にかけて、私とニナは日本に飛...
  3. 2022年12月7日

    日常の些事
    冬の落ち葉 年齢を重ねると、だんだんと感動が薄くなるとはよくいわれる。ほとんどのことは過去に...
  4. 2022年12月6日

    美酒と器
    酒器の種類 酒器にはさまざまな素材、形のものが存在する。適切な器を選ばないとお酒本来...
  5. 契約上のトラブル 広範囲にわたる法律問題を扱う弊社にはさまざまなお問い合わせがありま...
  6. この号が出る頃、私とニナは日本での3週間の滞在を終えてアメリカに戻っているはずだ。ニナにと...
  7. 2022年10月7日

    森英恵の反骨精神
    裏庭の蝶 ファッションが好きな女性はたくさんいるだろう。私もその一人だ。休日の気晴らしは以前...
  8. およそ2000人の作業員により、6年間で建設されたリドー運河 カナダの首都オタワと、5大湖の...
ページ上部へ戻る