エネルギー省、電気自動車に新たな助成金 〜 2200万ドルを研究や実証に拠出

 米エネルギー省は8日、電気自動車の研究開発と実演を支援するために総額2200万ドルの助成金を投じる計画を公表した。

 エネルギー・マネージャー・トゥデイ誌によると、革新的なプラグイン式の電気自動車や、直噴プロパン・エンジン技術が、その助成金の対象になると規定される。

 エネルギー省はまた、バイオディーゼルや電気、E85、水素、天然ガス、プロパンを燃料とする軽自動車や普通自動車、重量車の普及を加速させる業界コミュニティー単位の開発事業も助成する計画で、燃料補給所といった基幹設備関連の研究開発も支援する。

 助成金は、コスト共有を基本として拠出される。

 現時点で自動車市場全体に占める電気自動車の構成比率はわずか3%だ。連邦政府は電気自動車の購入に対して最大7500ドルの税控除を認めている。

 ただ、そういった助成には批判の声もある。自動車が魅力的な性能を提供すれば、消費者は自然と購入するようになる。その市場原理に政府が介入することに、保守派は異論を唱える傾向にある。(U.S. Frontline News, Inc.社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

Universal Mobile
アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. 2022年12月9日

    住みたい国
    熊本県八代市の「くまモンポート八代」で 8月の終わりから9月中頃にかけて、私とニナは日本に飛...
  2. 2022年12月7日

    日常の些事
    冬の落ち葉 年齢を重ねると、だんだんと感動が薄くなるとはよくいわれる。ほとんどのことは過去に...
  3. 2022年12月6日

    美酒と器
    酒器の種類 酒器にはさまざまな素材、形のものが存在する。適切な器を選ばないとお酒本来...
  4. 契約上のトラブル 広範囲にわたる法律問題を扱う弊社にはさまざまなお問い合わせがありま...
  5. この号が出る頃、私とニナは日本での3週間の滞在を終えてアメリカに戻っているはずだ。ニナにと...
  6. 2022年10月7日

    森英恵の反骨精神
    裏庭の蝶 ファッションが好きな女性はたくさんいるだろう。私もその一人だ。休日の気晴らしは以前...
  7. およそ2000人の作業員により、6年間で建設されたリドー運河 カナダの首都オタワと、5大湖の...
  8. 本特集は一般的なケースの情報提供を目的としたものです。特定事例におけるアドバイスが必要な場合は、専...
ページ上部へ戻る