エネルギー省、電気自動車に新たな助成金 〜 2200万ドルを研究や実証に拠出

 米エネルギー省は8日、電気自動車の研究開発と実演を支援するために総額2200万ドルの助成金を投じる計画を公表した。

 エネルギー・マネージャー・トゥデイ誌によると、革新的なプラグイン式の電気自動車や、直噴プロパン・エンジン技術が、その助成金の対象になると規定される。

 エネルギー省はまた、バイオディーゼルや電気、E85、水素、天然ガス、プロパンを燃料とする軽自動車や普通自動車、重量車の普及を加速させる業界コミュニティー単位の開発事業も助成する計画で、燃料補給所といった基幹設備関連の研究開発も支援する。

 助成金は、コスト共有を基本として拠出される。

 現時点で自動車市場全体に占める電気自動車の構成比率はわずか3%だ。連邦政府は電気自動車の購入に対して最大7500ドルの税控除を認めている。

 ただ、そういった助成には批判の声もある。自動車が魅力的な性能を提供すれば、消費者は自然と購入するようになる。その市場原理に政府が介入することに、保守派は異論を唱える傾向にある。(U.S. Frontline News, Inc.社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

注目の記事

  1. 2016-11-3

    第19回 「足を使う町」

    自転車愛な町に ちょい乗りシステム 車に頼りすぎるアメリカでは珍しく、ポートランドは公共交通...
  2. 2019-1-17

    GK Design International Incorporatedアメリカのビジネスは、今

    カリフォルニア州ガーデングローブにオフィスを構えるGK Design International...
  3. 2017-10-1

    グループ全体のビジネスコンテンツを 日系企業のグローバリゼーションの共通インフラに

    人事・総務関連業務のアウトソーサー リログループは1967年創業、人事・総...
  4. 2015-7-20

    冷やし中華 冷しゃぶサラダ

     暑い日に食べたい冷やし中華。いつもの定番の冷やし中華を少しアレンジして、トマトと大葉の香りが食欲を...
  5. 2019-9-30

    押さえておきたい バイリンガル教育のカギ

    幼児期の日本語教育は 人格形成の大事なステージ 幼児期は、どのように過ごすか...

デジタル版を読む

saishin フロントライン最新号
ページ上部へ戻る