さらなる挑発に懸念 米、日本と連携し分析 

 中国軍艦が先週、沖縄県・尖閣諸島周辺の接続水域を航行したのに続き、日本時間15日には鹿児島県口永良部島沖の領海に侵入した。南シナ海情勢を巡り中国と厳しく対立する米国では、中国が日本に対し挑発的な動きを強めることへの懸念が軍事専門家の間で高まっている。

 中国軍艦は16日にも沖縄県・北大東島の接続水域を一時航行したことが確認され、日米両政府は連携し、中国の意図の詳細な分析を進めている。

 北東アジアの安全保障問題に詳しい笹川平和財団米国(SPF-USA)のジェフリー・ホーナン研究員は尖閣周辺の接続水域航行に関し、日本が中国艦の航行を黙認するようになると、結果的に中国に尖閣周辺海域の管轄権を認めてしまうことになると指摘。「中国は日本がどう反応するかをテストした」と分析した。(共同)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

注目の記事

  1. 2016-10-3

    第49回 兄と妹のレジストレーション

     8月22日、ニナが秋から通うハイスクールのレジストレーションが終了した。レジストレーション...
  2. 2020-4-2

    CCPA対策企画 Vol.3 プライバシーポリシーの更新

    2020年1月1日よりカリフォルニア州消費者プライバシー法(CCPA)対象企業は、公表してい...
  3. 2019-10-2

    短期集中連載 第4回 ポジティブ皮膚科学・応用編 パワーエリートをつくるための「皮膚科学×スポーツ科学」総論

    私は「ポジティブ皮膚科学」という概念を提唱しています。人々の心を明るく、気持ちを前向きにする...
  4. 2017-12-1

    帰国準備

    引越しは仕分けが重要 辞令が出たら即仮予約を 日本への帰任辞令が出た時に、帰国準備は何から始...
  5. 2018-1-1

    一生に一度は泊まりたいアメリカのホテル7

    湖畔に佇む 重厚な古城風ホテル Mohonk Mountain House New Pal...

デジタル版を読む

saishin フロントライン最新号
ページ上部へ戻る