さらなる挑発に懸念 米、日本と連携し分析 

 中国軍艦が先週、沖縄県・尖閣諸島周辺の接続水域を航行したのに続き、日本時間15日には鹿児島県口永良部島沖の領海に侵入した。南シナ海情勢を巡り中国と厳しく対立する米国では、中国が日本に対し挑発的な動きを強めることへの懸念が軍事専門家の間で高まっている。

 中国軍艦は16日にも沖縄県・北大東島の接続水域を一時航行したことが確認され、日米両政府は連携し、中国の意図の詳細な分析を進めている。

 北東アジアの安全保障問題に詳しい笹川平和財団米国(SPF-USA)のジェフリー・ホーナン研究員は尖閣周辺の接続水域航行に関し、日本が中国艦の航行を黙認するようになると、結果的に中国に尖閣周辺海域の管轄権を認めてしまうことになると指摘。「中国は日本がどう反応するかをテストした」と分析した。(共同)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

注目の記事

  1. この原稿を書いているのは2020年6月12日。昨日、ニナの義務教育が終了した。オンラインでの...
  2. アラスカ州とカナダの国境地帯に広がるのは、世界最大規模の自然保護区。北米大陸最高峰の山々に世...
  3. コロナ禍の3カ月の自粛生活は、私たちそれぞれに、自分の忙しい生活を今一度振り返る良い機会とな...
  4. ニューヨークを拠点に、さまざまなセミナー、フェスティバルやディナー会などのイベント、質の高い日本食を...
  5. 疲労の原因には、精神的ストレス、身体的ストレス、生活環境ストレス...
  6. 2020年6月6日

    第74回 世界は変わる
    新型コロナウィルス(COVID-19)の世界的大流行が起こってから、約2カ月が過ぎようとして...
  7. 2020年6月5日

    第82回 実践的教育
    この原稿を書いている2020年4月現在、全米は新型コロナウイルスのパンデミックの渦中にある。...
  8. アメリカ先住民族であるプエブロ族は2000年以上もの間、アメリカ南西部の広大なエリアで生活を...
  9. 新型コロナウィルスの影響により、2021年の入試の状況は変更となる可能性があります。 中学受験...
  10. 2020年4月5日

    第73回 明日の家
    最近、自己反省する機会があった。 家の売買を仕事としているので、ありとあらゆる家を見て...
ページ上部へ戻る