NY市のレジ袋有料化は延期 〜 州議会と調整、来年2月に

 ニューヨーク市で先月、1年にわたる議論の末に小売店のレジ袋に1枚5セントを課金する条例案が市議会を通過したが、州議会でこれを阻止する動きが高まってきたため、課金の実施が当初予定の今年10月から来年2月に延期されることになった。市条例に州議会の意向を反映させることで州と市の議会が合意した。

 ニューヨーク・タイムズによると、州議会上院で先週、州内の都市にレジ袋に対する税金、手数料、地域料金の課金を禁ずる法案が可決された。これを受けてニューヨーク市は、州下院でも同様の法案が可決されないよう州との調整を進めるため、レジ袋の有料化実施を2月に変更した。

 カール・ヒースティ州下院議長の広報担当者は「延期することで市と州が協力して解決法を見つけることができる」と話している。

 NY市のレジ袋有料化条例案は、環境に良くない使い捨てのプラスチック袋の代わりに再利用可能なエコバッグの利用を促すのが目的で、ロサンゼルス、サンフランシスコ、ワシントンなど同様の規制を導入した都市ではプラスチック袋の使用量が大幅に減少している。

 しかし州議会の反対派は、プラスチック袋への課金は貧困者や非白人に対する増税だと主張しており、プラスチック袋業界も課金に強く反対している。(U.S. Frontline News, Inc.社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. 2022年12月9日

    住みたい国
    熊本県八代市の「くまモンポート八代」で 8月の終わりから9月中頃にかけて、私とニナは日本に飛...
  2. 2022年12月7日

    日常の些事
    冬の落ち葉 年齢を重ねると、だんだんと感動が薄くなるとはよくいわれる。ほとんどのことは過去に...
  3. 2022年12月6日

    美酒と器
    酒器の種類 酒器にはさまざまな素材、形のものが存在する。適切な器を選ばないとお酒本来...
  4. 契約上のトラブル 広範囲にわたる法律問題を扱う弊社にはさまざまなお問い合わせがありま...
  5. この号が出る頃、私とニナは日本での3週間の滞在を終えてアメリカに戻っているはずだ。ニナにと...
  6. 2022年10月7日

    森英恵の反骨精神
    裏庭の蝶 ファッションが好きな女性はたくさんいるだろう。私もその一人だ。休日の気晴らしは以前...
  7. およそ2000人の作業員により、6年間で建設されたリドー運河 カナダの首都オタワと、5大湖の...
  8. 本特集は一般的なケースの情報提供を目的としたものです。特定事例におけるアドバイスが必要な場合は、専...
ページ上部へ戻る