戦場に息子を送るな 無念の母親、反戦活動へ

 米海兵隊員としてイラク戦争に派遣された後、他人との交流を避けるようになった日本人男性がいる。閉ざされた心に影を落としているのは、戦場でのつらい経験だ。「戦場に送ってしまった無念を一生忘れない」。後悔の念に駆られる母親は反戦活動を続けている。

 1980年代前半にニューヨークに移住した長島志津子さん(66)一家の生活は、2001年の米中枢同時テロで一変した。米国で育った次男で大学生だった健児さん(当時22歳、仮名)は米国を守ろうと海兵隊に入隊。他国籍でも永住権があれば入隊できた。

 03年3月、米英が主体となりイラク攻撃を開始すると、健児さんの部隊は先遣隊としてバグダッドに入った。翌年の2度目のイラク入り後、健児さんは「母さん、辞めたくてたまらない」と苦渋の表情で打ち明けた。(共同)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

ニュースレター
アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用
Universal Mobile

注目の記事

  1. 文/カロリーナ A. フォーノス、マーク R. ヘレラー、マリア T. ガレノ、アダム マルク 有...
  2. 注)情報はすべて2020年11月15日現在のものです。最新情報は専門家にお問い合わせください。 ...
  3. 「栄養バランスの取れたおいしい和食を家庭で簡単に」。ニューヨークに4店舗を構える日本の弁当専...
  4. 2020年9月末、ニナは大学に入学する。彼女が進学先として選んだのはカリフォルニア大学(UC...
  5. 2020年10月2日

    豊かな日々を生きる
    「Live rich life」。ピート・ハミルの言葉である。2020年8月5日、彼は85歳...
  6. ケンタッキー州の西部に位置するマンモス・ケーブ国立公園は、複雑に絡み合った小道と大小さまざま...
  7. あなたの食生活は大丈夫? 「体が資本」という言葉がある通り、日々の食事は体の土台を作るための大...
  8. ステンレス製のお皿にライスが隠れるようにルーを全体にかけ、その上にトンカツ、そして付け合わせにはキャ...
ページ上部へ戻る