戦場に息子を送るな 無念の母親、反戦活動へ

 米海兵隊員としてイラク戦争に派遣された後、他人との交流を避けるようになった日本人男性がいる。閉ざされた心に影を落としているのは、戦場でのつらい経験だ。「戦場に送ってしまった無念を一生忘れない」。後悔の念に駆られる母親は反戦活動を続けている。

 1980年代前半にニューヨークに移住した長島志津子さん(66)一家の生活は、2001年の米中枢同時テロで一変した。米国で育った次男で大学生だった健児さん(当時22歳、仮名)は米国を守ろうと海兵隊に入隊。他国籍でも永住権があれば入隊できた。

 03年3月、米英が主体となりイラク攻撃を開始すると、健児さんの部隊は先遣隊としてバグダッドに入った。翌年の2度目のイラク入り後、健児さんは「母さん、辞めたくてたまらない」と苦渋の表情で打ち明けた。(共同)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

注目の記事

  1. 2016-7-1

    ガラパゴスの旅〜後編

    6日目 サンタフェ島 ↓ サウスプラザ島  海の動物にも興奮させられる。...
  2. Sumitomo Warehouse

    2019-6-16

    SUMITOMO WAREHOUSE(U.S.A.), INC. アメリカのビジネスは、今

    カリフォルニア州トーランスにオフィスを構えるSUMITOMO WAREHOUSE(U.S.A.), ...
  3. 2015-12-7

    アメリカ エネルギーロードを往く テキサス編

    ミッドランドへ 旅の出発地、テキサス州ミッドランドへ向かう。アメリカでは1920年代...
  4. 2017-3-3

    第1回 「1世紀に1度の皆既日食」 ケンタッキー州

    皆既日食のベスト観測ポイント アメリカにいてお休みの旅先を検討するのに、なかな...
  5. 2019-1-22

    USHIO AMERICA, INC.アメリカのビジネスは、今

    カリフォルニア州サイプレスにオフィスを構えるUSHIO AMERICA, INC.のCOO Shin...

デジタル版を読む

saishin フロントライン最新号
ページ上部へ戻る