戦場に息子を送るな 無念の母親、反戦活動へ

 米海兵隊員としてイラク戦争に派遣された後、他人との交流を避けるようになった日本人男性がいる。閉ざされた心に影を落としているのは、戦場でのつらい経験だ。「戦場に送ってしまった無念を一生忘れない」。後悔の念に駆られる母親は反戦活動を続けている。

 1980年代前半にニューヨークに移住した長島志津子さん(66)一家の生活は、2001年の米中枢同時テロで一変した。米国で育った次男で大学生だった健児さん(当時22歳、仮名)は米国を守ろうと海兵隊に入隊。他国籍でも永住権があれば入隊できた。

 03年3月、米英が主体となりイラク攻撃を開始すると、健児さんの部隊は先遣隊としてバグダッドに入った。翌年の2度目のイラク入り後、健児さんは「母さん、辞めたくてたまらない」と苦渋の表情で打ち明けた。(共同)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. 働き方に対する考え方は、アメリカと日本では大きく異なります。雇用、残業、休憩時間、ハラスメ...
  2. 2022年6月7日

    はじめてのおつかい
    動画配信サービスのNetflixで『はじめてのおつかい』が人気だ。英語のタイトルは『Old...
  3. 2022年6月5日

    住めば都
    ジャカランダの道 太陽が暖かい。春から夏にかけ、輝く青空と真綿のような太陽の暖かさは格別だ。...
  4. これからのエンターテインメントの未来を変えるといわれているNFTs。今回は、中でも簡単にイメージで...
  5. モンタナ州で グランピング体験 モンタナ州の北部、カナダとの国境に位置するグレイシ...
  6. 2022年4月12日

    大学の日本語クラス
    アメリカの大学の日本語クラスは人気がある。私自身、過去にカリフォルニア大学ロサンゼルス校(U...
  7. 2022年4月10日

    家を遺す
    家の売買に関わる仕事を長年している。人それぞれ異なった理由でこの職業を選択するのだろうが、私...
  8. 大西洋岸に面したカナダのノバスコシア州にある小さな港町・ルーネンバーグ。赤、青、緑、黄色……...
ページ上部へ戻る