自動の迷惑電話やめさせよ〜FCC、電話会社に書簡

 連邦通信委員会(FCC)はこのほど、大手電話会社あてに、自動の迷惑電話(ロボコール)を遮断できる技術を開発して消費者に提供するよう要請する書簡を発送した。
 
 ロイター通信によると、書簡はFCCのトム・ウィーラー委員長名で、ベライゾン・コミュニケーションズ、AT&T、スプリント、USセルラー、レベル3コミュニケーションズ、フロンティア・コミュニケーションズ、バンドウィズ・コム、Tモバイルなど大手電話会社の最高経営責任者(CEO)に対し、実行に移せる具体的な解決策を添えて30日以内に返答するよう求めている。
 
 FCCの書簡は、ロボコールの遮断やフィルター機能の提供を義務付けている訳ではないが、そうしたサービスを無料で提供することを強く奨励している。これを受けてセルラー通信工業会(CTIA)のトム・パワー代表は、「迷惑電話や迷惑メッセージは無線通信業界が対応に努めている消費者問題の1つで、FCCと協力して一緒に問題解決を図ることを望んでいる」と述べた。
 
 FCCは2013年以降、13件のロボコール犯罪を取り締まっており、15年には格安旅行を売り込むため違法に電話をかけたフロリダの会社に罰金約300万ドルを科している。(U.S. Frontline News, Inc.社提供)

Universal Mobile

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. カナダの東部、大西洋上に浮かぶニューファンドランド島。この島の西岸に位置するグロス・モーン国立公園...
  2. NFT.NYC 2022に参加してきました! 6月に開催された世界最大のNFTカンフ...
  3. オンライン補習校校長の谷口弘芳先生 日本語で日本の教科を学ぶ 西大和学園オンライン補習...
  4. 2022年8月1日

    NFTの未来
    NFTってそもそも何? 最近よく聞くNFTは、「Non-Fungible Token...
  5. 働き方に対する考え方は、アメリカと日本では大きく異なります。雇用、残業、休憩時間、ハラスメ...
  6. 2022年6月7日

    はじめてのおつかい
    動画配信サービスのNetflixで『はじめてのおつかい』が人気だ。英語のタイトルは『Old...
  7. 2022年6月5日

    住めば都
    ジャカランダの道 太陽が暖かい。春から夏にかけ、輝く青空と真綿のような太陽の暖かさは格別だ。...
  8. これからのエンターテインメントの未来を変えるといわれているNFTs。今回は、中でも簡単にイメージで...
ページ上部へ戻る