自動運転車は明るい色に?〜安全とコスト面から

 自動運転車が実用化された場合、車体には明るい色が使われる可能性が高い。自動運転を支える重要なセンサーの1つであるライダー(LiDAR=光を使った測距装置)は、明るい色の車の方が認識しやすいためだ。
 
 USAトゥデイによると、2013年にデュポンからスピンオフした自動車用塗料大手アクサルタ・コーティング・システムズ(Axalta Coating Systems、ペンシルベニア州)のナンシー・ロックハート国際カラー・マーケティング責任者は、1月のデトロイト自動車ショーで「色をテストした結果、ライダー・システムでは反射率の高い色の方が検出しやすいことが分かった」と発表した。
 
 業界は、暗い車色でも検知できる技術の開発に取り組んではいるが、明るい色の車の検知よりたくさんのセンサーが必要になる。このため自動車メーカーは、初期の自動運転車に白やシルバーなどの明るい色を使って、安全を確保すると同時に価格を安く抑える可能性が高い。
 
 自動運転車の塗料では、色のほかにも汚れにくさを考える必要がある。汚れがたまるとセンサーの働きに影響を与え、車に誤った信号を送る危険性が生まれる。これは、人がハンドルを握らない自動運転車ではあらゆる点に細心の注意を払う必要があることを示しており、自動車コンサルティング会社P3ノースアメリカのサミット・ゴーシュCEOは「車のデザイン全体が基本的に異なってくる」と話す。
 
 一方、人は色や見た目で車を選ぶことが多いため、塗料会社は自動運転車に様々な色を使えるよう対応を準備している。アクサルタは暗い色の塗料に明るい色の薄い破片を混ぜ、基本的な外見を保ちながら反射率を高める取り組みを進めている。ロックハート氏は「色は販売につながる。退屈な色だけの世界になるとは思わない」と述べた。
 
 同業のPPGインダストリーズは、飛行機の胴体に使う先進塗装技術を基に、黒の反射率を20〜30%高める技術の開発に取り組んでいる。同社のデイビッド・ベム最高技術責任者は「初期の自動運転車が明るい色中心になるとすれば、安全面を考えた結果だ。センサーの数が少なくて済むためコストも削減できる」と指摘した。 (U.S. Frontline News, Inc.社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

注目の記事

  1. 2022年8月11日

    有名人の親に学ぶ
    日本でも動画を撮影。シオンさんは右から2人目 写真提供:シオン・カジ 先日、超有名キッズユー...
  2. 2022年8月9日

    遊び上手
    独断と偏見だが、アメリカ人の良いところは遊び上手なことではないだろうか。日本人の若い方々は...
  3. カナダの東部、大西洋上に浮かぶニューファンドランド島。この島の西岸に位置するグロス・モーン国立公園...
  4. NFT.NYC 2022に参加してきました! 6月に開催された世界最大のNFTカンフ...
  5. オンライン補習校校長の谷口弘芳先生 日本語で日本の教科を学ぶ 西大和学園オンライン補習...
  6. 2022年8月1日

    NFTの未来
    NFTってそもそも何? 最近よく聞くNFTは、「Non-Fungible Token...
  7. 働き方に対する考え方は、アメリカと日本では大きく異なります。雇用、残業、休憩時間、ハラスメ...
  8. 2022年6月7日

    はじめてのおつかい
    動画配信サービスのNetflixで『はじめてのおつかい』が人気だ。英語のタイトルは『Old...
ページ上部へ戻る