イーロン・マスク氏が破壊的変革に挑む8つの業界 〜宇宙規模の考えで既存事業に激震か

 起業家のイーロン・マスク氏は、新規参入の難しい複数の業界で既存の大手や事業体に相次いで挑戦している。CBインサイツ誌によると、同氏は現在、下記8つの業界で破壊的(現状を打破する革新的)な力となって、これまでの勢力図を書き換えようとしている。
 
 ▽エネルギー
 
 同氏が立ち上げたテスラ(Tesla)は、米国内外の発電施設や公益会社の事業モデルを激変させつつある。再生可能エネルギーや送電網に同社の蓄電システムを統合する動きは世界各地で活発化している。テスラは、オーストラリアで世界最大の蓄電設備の設置に参加しただけでなく、ソーラー・パネルやソーラー屋根の開発にも進出している。
 
 ▽自動車
 
 マスク氏は、電気自動車の価格を引き下げていく姿勢を示している。また、自動運転技術にも投資している。それらの技術を活かした「テスラ・ネットワーク」は、ウーバー(Uber)やリフト(Lyft)、既存のタクシー業界に大きな脅威となり得る。
 
 ▽通信
 
 マスク氏が起業したスペイスエックス(SpaceX)が進める人工衛星事業は、高速インターネット接続が行き届かない遠隔地へのサービス提供を視野に入れている。インターネット接続の手段や価格、速度を劇的に変える可能性があり、グーグルやフェイスブック、ケーブル大手らの脅威的存在になる可能性がある。
 
 ▽輸送交通
 
 マスク氏が打ち出している「ハイパーループ(Hyperloop)」構想は、リニア誘導モ ータや空気圧縮によって低圧管のなかをカプセルが時速500km〜1000kmで行き来する新しい移動手段だ。ワシントンDCとニューヨーク市をわずか30分でつなぐことを目指している(車なら約3時間半の距離)。乗客または貨物の輸送手段として提案されており、10社近い新興企業が試験に着手している。高速列車や短距離航空便に取って代わる環境配慮型の超高速交通機関として期待される。
 
 ▽建設
 
 マスク氏が2016年に設立したボーリング・カンパニー(The Boring Company)は、トンネル掘削のコストを低下させることを目指している。CBインサイツによると、トンネル掘削のコストは現在、1マイルあたり10億ドルだ。ボーリング・カンパニーは2017年末にロサンゼルスで掘削を開始した。
 
 ▽航空宇宙
 
 火星への飛行を目指すスペイスエックスのロケット技術は、地球上の都市間をつなぐ航空移動手段にも影響をおよぼす可能性がある。同氏は、軌道に乗らない弾道飛行が実現すれば、地球上のどこへでも1時間以内に行けるようになると考えている。
 
 ▽人工知能
 
 マスク氏は、人工知能が世界戦争のきっかけとなる可能性を懸念しており、ゆえに、すぐれた平和的応用の人工知能開発を模索している。「以前から警鐘を鳴らし続けているが、ロボットが通り魔殺人でも起こさないかぎり、人々はどう対処すれば良いかわからない」と同氏は話している。同氏は、非営利会社のオープンAI(OpenAI)に投資している。
 
 ▽医療
 
 マスク氏は、神経科学技術を研究するニューラリンク(Neuralink)を2016年に設立した。脳とコンピュータをつなぐインターフェイスを開発するのが目標だ。短期的には脳の重大疾病の治療を目指すが、最終的には人間の能力の拡張も目的とする。
 
 CBインサイツによると、「イーロン・マスク氏は、われわれの通念を超える宇宙規模で物事を考え、行動している」「彼のおもな事業計画は、ほぼすべての巨大な業界や、考え得るほぼすべての世界的な問題の解決に挑戦し、それらの業界の破壊的(現状打破)かつ抜本的な再構築を描いている」。
 
 【https://cleantechnica.com/2018/02/10/8-industries-mr-elon-musk-trying-transform-infographic/】 (U.S. Frontline News, Inc.社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

Universal Mobile
資格の学校TAC
アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. 2022年12月6日

    美酒と器
    酒器の種類 酒器にはさまざまな素材、形のものが存在する。適切な器を選ばないとお酒本来...
  2. 契約上のトラブル 広範囲にわたる法律問題を扱う弊社にはさまざまなお問い合わせがありま...
  3. この号が出る頃、私とニナは日本での3週間の滞在を終えてアメリカに戻っているはずだ。ニナにと...
  4. 2022年10月7日

    森英恵の反骨精神
    裏庭の蝶 ファッションが好きな女性はたくさんいるだろう。私もその一人だ。休日の気晴らしは以前...
  5. およそ2000人の作業員により、6年間で建設されたリドー運河 カナダの首都オタワと、5大湖の...
  6. 本特集は一般的なケースの情報提供を目的としたものです。特定事例におけるアドバイスが必要な場合は、専...
  7. 2022年8月11日

    有名人の親に学ぶ
    日本でも動画を撮影。シオンさんは右から2人目 写真提供:シオン・カジ 先日、超有名キッズユー...
  8. 2022年8月9日

    遊び上手
    独断と偏見だが、アメリカ人の良いところは遊び上手なことではないだろうか。日本人の若い方々は...
ページ上部へ戻る