三菱電、NAFTAの行方注視〜メキシコ工場拡張は一時休止

 三菱電機は、米国の高い自動車部品需要を受けてメキシコの工場を拡張する計画だったが、米・カナダ・メキシコによる北米自由貿易協定(NAFTA)見直しの行方が見通せないため、計画を再検討している。
 
 オートモーティブ・ニュースによると、三菱電機は2017年、米3大自動車メーカーとの取り引きが増えていることを受けて、メキシコ・ケレタロ州の工場拡張計画を発表した。しかし、トランプ政権が持ち出したNAFTAの再交渉が長引いており、予定通り計画を進めることをためらっている。
 
 三菱電機は既存の米国工場を拡張する案も検討しており、場合によってはオハイオ州とケンタッキー州に所有する自動車部品工場のどちらかを拡張するか、新しく工場を建設するという可能性もある。いずれにしても、スターター・モータ ー、オルタネーター、車載マルチメディア・システムといった部品に対する米市場の高い需要に対応するため、北米の生産能力を拡大する必要がある。
 
 同社の主要顧客は世界的にはルノー・日産・三菱連合だが、米国ではゼネラル・モーターズ(GM)、フォード、クライスラーへの販売が最も多い。年内にはどこで拡張するかを決めたい意向だが、今のところNAFTA再交渉の進展を見守るしかなく、石川達也自動車機器事業部長は「予想は非常に難しい。大きな投資なので判断を間違えないよう、慎重になる必要がある」と話している。同社は現在、米国の需要に応える一時的な策としてタイから部品を出荷している。
 
 メキシコ工場は2年前に開設したが、1つの工場開設を決定した後、建設して稼動させるまでの準備には通常3年かかる。政策絡みの遅れに直面する同社はこれを何とかおよそ2年まで短縮したい考えだが、まずは工場をメキシコにするか米国にするか決断する必要がある。 (U.S. Frontline News, Inc.社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

注目の記事

  1. 2017-12-5

    手羽元de簡単ローストチキン クリスマスリースサラダ

    早いものでもう今年も最後の月に入りました! 毎回悩んでしまう、クリスマスメニューですが、簡単に、しか...
  2. 2016-7-1

    ガラパゴスの旅〜後編

    6日目 サンタフェ島 ↓ サウスプラザ島  海の動物にも興奮させられる。...
  3. 2019-1-14

    RHEON U.S.A.アメリカのビジネスは、今

    カリフォルニア州アーバインにオフィスを構える食品自動生産機械の販売会社RHEON U.S.A.のプレ...
  4. 2018-1-2

    第169回 「フェイクニュース」について1

    明けましておめでとうございます。昨年は、「フェイクニュース」という言葉をよく耳にされた方も多...
  5. 2016-11-1

    仕掛け人に聞く 日本の食ニューウェーブ

    穀物 Hakubaku 健康で豊かな食生活実現に貢献したい 日本国...

デジタル版を読む

saishin フロントライン最新号
ページ上部へ戻る