犯罪激増で装甲車需要も高騰 〜メキシコ、大手が現地生産

 暴力犯罪が激増するメキシコで、車に装甲を施すビジネスが記録的に伸びている。
 
 ロイター通信によると、メキシコでは2017年、殺人事件の発生件数が2万5000件を超え、政府が統計を取り始めて以降最多となった。18年はこれを上回る見通しで、18年は防弾化サービスを受ける車の台数が前年比10%増、過去最高の3287 台に達すると予想されている。ブラジルでは17年に1万5145台が防弾化されており、18年は25%の増加が予想される。
 
 通常、こうしたサービスはアフターマーケットに属するが、メキシコでは大幅な需要の高まりを受け、大手自動車メーカーも現地工場で製造段階で行うようになっている。アウディは17年半ば、プエブラ地区限定で、メキシコ、ブラジル、 アルゼンチン向けにクロスオーバー「Q5」の装甲車バージョンの生産を始めた。アウディのメキシコ部門によると、現地価格は8万7000ドルで、アフターマーケットのサービスを利用するより割安だという。
 
 業界専門家によると、アフターマーケットでは1台当たり9万5000ドル以上かかり、しかも品質保証の対象外になる。
 
 BMW、ジープ、メルセデスベンツも数年前からメキシコで装甲車を作っている。現地で警備会社を所有するアルトゥーロ・アビーヤ氏の場合、何度も強盗や暴行の被害に遭った経験から、今ではメキシコシティでは装甲車にしか乗らない ことにしている。最も恐ろしいのは誘拐だといい、車は2年ごとに乗り換えている。
 
 メキシコでは17年、約150万台の車が販売されたが、装甲車はまだ富裕層や企業向けのぜいたく品であるため構成比は低い。幹部に装甲車での移動を義務付ける企業には、大手銀行のほかユニリーバやプロクター&ギャンブル(P&G)のよう な国際企業が含まれる。
 
 警備会社も装甲車のレンタルやリースを拡大しており、人気が高まっている。(U.S. Frontline News, Inc.社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. 九州より広いウッド・バッファロー国立公園には、森と湿地がどこまでも続いている ©Parc nati...
  2. 2022年12月9日

    住みたい国
    熊本県八代市の「くまモンポート八代」で 8月の終わりから9月中頃にかけて、私とニナは日本に飛...
  3. 2022年12月7日

    日常の些事
    冬の落ち葉 年齢を重ねると、だんだんと感動が薄くなるとはよくいわれる。ほとんどのことは過去に...
  4. 2022年12月6日

    美酒と器
    酒器の種類 酒器にはさまざまな素材、形のものが存在する。適切な器を選ばないとお酒本来...
  5. 契約上のトラブル 広範囲にわたる法律問題を扱う弊社にはさまざまなお問い合わせがありま...
  6. この号が出る頃、私とニナは日本での3週間の滞在を終えてアメリカに戻っているはずだ。ニナにと...
  7. 2022年10月7日

    森英恵の反骨精神
    裏庭の蝶 ファッションが好きな女性はたくさんいるだろう。私もその一人だ。休日の気晴らしは以前...
  8. およそ2000人の作業員により、6年間で建設されたリドー運河 カナダの首都オタワと、5大湖の...
ページ上部へ戻る