Disco International

犯罪激増で装甲車需要も高騰 〜メキシコ、大手が現地生産

 暴力犯罪が激増するメキシコで、車に装甲を施すビジネスが記録的に伸びている。
 
 ロイター通信によると、メキシコでは2017年、殺人事件の発生件数が2万5000件を超え、政府が統計を取り始めて以降最多となった。18年はこれを上回る見通しで、18年は防弾化サービスを受ける車の台数が前年比10%増、過去最高の3287 台に達すると予想されている。ブラジルでは17年に1万5145台が防弾化されており、18年は25%の増加が予想される。
 
 通常、こうしたサービスはアフターマーケットに属するが、メキシコでは大幅な需要の高まりを受け、大手自動車メーカーも現地工場で製造段階で行うようになっている。アウディは17年半ば、プエブラ地区限定で、メキシコ、ブラジル、 アルゼンチン向けにクロスオーバー「Q5」の装甲車バージョンの生産を始めた。アウディのメキシコ部門によると、現地価格は8万7000ドルで、アフターマーケットのサービスを利用するより割安だという。
 
 業界専門家によると、アフターマーケットでは1台当たり9万5000ドル以上かかり、しかも品質保証の対象外になる。
 
 BMW、ジープ、メルセデスベンツも数年前からメキシコで装甲車を作っている。現地で警備会社を所有するアルトゥーロ・アビーヤ氏の場合、何度も強盗や暴行の被害に遭った経験から、今ではメキシコシティでは装甲車にしか乗らない ことにしている。最も恐ろしいのは誘拐だといい、車は2年ごとに乗り換えている。
 
 メキシコでは17年、約150万台の車が販売されたが、装甲車はまだ富裕層や企業向けのぜいたく品であるため構成比は低い。幹部に装甲車での移動を義務付ける企業には、大手銀行のほかユニリーバやプロクター&ギャンブル(P&G)のよう な国際企業が含まれる。
 
 警備会社も装甲車のレンタルやリースを拡大しており、人気が高まっている。(U.S. Frontline News, Inc.社提供)

Universal Mobile

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

Universal Mobile
ニュースレター
アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用
Vrbo Japan
Universal Mobile

注目の記事

  1. この原稿を書いているのは2020年6月12日。昨日、ニナの義務教育が終了した。オンラインでの...
  2. アラスカ州とカナダの国境地帯に広がるのは、世界最大規模の自然保護区。北米大陸最高峰の山々に世...
  3. コロナ禍の3カ月の自粛生活は、私たちそれぞれに、自分の忙しい生活を今一度振り返る良い機会とな...
  4. ニューヨークを拠点に、さまざまなセミナー、フェスティバルやディナー会などのイベント、質の高い日本食を...
  5. 疲労の原因には、精神的ストレス、身体的ストレス、生活環境ストレス...
  6. 2020年6月6日

    第74回 世界は変わる
    新型コロナウィルス(COVID-19)の世界的大流行が起こってから、約2カ月が過ぎようとして...
  7. 2020年6月5日

    第82回 実践的教育
    この原稿を書いている2020年4月現在、全米は新型コロナウイルスのパンデミックの渦中にある。...
  8. アメリカ先住民族であるプエブロ族は2000年以上もの間、アメリカ南西部の広大なエリアで生活を...
  9. 新型コロナウィルスの影響により、2021年の入試の状況は変更となる可能性があります。 中学受験...
  10. 2020年4月5日

    第73回 明日の家
    最近、自己反省する機会があった。 家の売買を仕事としているので、ありとあらゆる家を見て...
ページ上部へ戻る