機械学習工学者が最高の技術職、インディードが報告 ~ 年俸は14万ドル以上、需要は3年で340%以上

インディード(Indeed)が先日発表した調査報告書「The Best Jobs in the U.S.:2019」によると、2015年から2018年における機械学習工学者求人件数は344%も増え、技術職のなかで需要がもっとも高いことが明示された。また、機械学習工学者の平均基本年俸は14万6085ドルだった。基本年俸には賞与や株式オプションは含まれていない。

フォーブス誌が報じた同調査報告によると、米国内の最高給与職(すべての職業が対象)のうち最高給与の技術職は、平均基本年俸が15万8303ドルの機械視認工学者だった。機械視認工学者の平均年俸は全体の2位で、最高年俸はアジャイル・コーチの16万1377ドルだった。

アジャイル・コーチとは、アジャイル・プロジェクトの実行経験の豊かな事業監督または事業指揮官で、アジャイル手法を向上させて担当班の仕事を大幅に効率化させる専門家だ。アジャイルとは、さまざまの要因や要件、状況、環境に応じて俊敏かつ動的、臨機応変に対応することを意味する。ソフトウェアの開発業務で最初に用いられた言葉で、立案から設計、改良、コード書き、検証、商品化という開発周期を短縮することをねらった取り組み手法がアジャイル開発だ。近年ではあらゆる業界での販促や製品開発の現場に普及した。

インディードがまとめた高給職上位25の平均基本年俸は10万4825ドル、基本年俸の中央値は9万9007ドルだった。

同調査によると、機械視認工学者と機械学習工学者に次いで求人件数の伸びが大きかった技術職は、フル・スタック開発者(Full-stack developers=広範の技術や知識を持つことで、通常なら数人の協業によって実行される開発や技術運用を一人で実行できる技術者)とセールスフォース開発者(Salesforce developers=セールスフォースの製品やプラットフォーム向けにアプリケーションやシステムを開発する技術者)で、需要増加率はそれぞれ206%と129%だった。すべての技術職の求人件数は2015年から2018年に平均146%増加した。

【https://www.forbes.com/sites/louiscolumbus/2019/03/17/machine-learning-engineer-is-the-best-job-in-the-u-s-according-to-indeed/#7ba3d1da7bb0】 (U.S. Frontline News, Inc.社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

注目の記事

  1. 2019-6-5

    Bandai Namco Entertainment America, Inc.アメリカのビジネスは、今

    カリフォルニア州サンタクララにオフィスを構えるBandai Namco Entertainm...
  2. 2017-4-2

    米国での日本食の在り方は 今後10年でさらに変わる

    金融から食の世界へ  西本Wismettacグループに参画し、今年で7年目となります。...
  3. 2016-10-2

    第45回 日本のワイン品評会を評価する

     今年も8月に開催された『 ジャパン・ワイン・チャレンジ(JWC)』に招待され、審査員を務め...
  4. 2018-11-8

    Fujita Research, Inc. アメリカのビジネスは、今

    カリフォルニア州Encinoにオフィスを構えるFujita Research, Inc.のKei...
  5. 2018-6-1

    山にシティに魅力の宝庫コロラドは、 美しい。

    あれもこれも楽しめる 進化し続ける都市・デンバー ロッキー山脈は、北米大陸を約300...

デジタル版を読む

saishin フロントライン最新号
ページ上部へ戻る