アマゾン、「自殺」検索した人に電話相談サービス案内へ

オンライン小売り最大手アマゾンはこのほど、同社ウェブサイトで「自殺」について検索した人に相談サービスの電話番号を知らせる方針であることをロイター通信に明らかにした。

アマゾンは利用者に対し、商品に関して気になることがあれば、商品の詳細ページの一番下にあるフィードバック・ボックスをクリックするよう呼びかける。自殺に関連すると思われる商品には、詳細ページに自殺相談サービスの情報を加え、National Suicide Prevention Lifelineといった団体を通じて極秘のサポー トを無料で受けられることを知らせる。

ロイターによると、8月下旬の米アマゾンのサイトで「suicide」と検索すると「自殺キット」や輪縄(わなわ、首つりを連想させる)を示すウェブページが表示された。インド版サイトでは、検索結果に睡眠薬や殺虫剤、「自殺の仕方」と いうタイトルの書籍などが含まれていた。

「GAFA」と呼ばれる米巨大IT企業を監視する規制当局の目は厳しくなっており、一方でアマゾンは取扱商品の増加で規制違反を自主的に取り締まることが難しくなっている。アマゾンは従来、自殺を促進または美化する非メディア商品の販売を禁じているが、今回、自殺関連の商品があると分かったことを受けて関連書籍や輪縄については削除した。

ウォールストリート・ジャーナルは最近、アマゾンで販売されている商品のうち、偽の表示がされている、または連邦当局が禁止または危険とみなしている商品は4000点を超えると伝えた。

ソーシャルメディアに関しては、暴力的または危険をはらむコンテントへの対応が注目され、グーグル、フェイスブック、ツイッターはすでに自殺に関する検索をした利用者に相談サービスの番号を提供しているが、この種の議論でアマゾンが話題にされることはこれまでほとんどなかった。 (U.S. Frontline News, Inc.社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

注目の記事

  1. アラスカ州とカナダの国境地帯に広がるのは、世界最大規模の自然保護区。北米大陸最高峰の山々に世...
  2. コロナ禍の3カ月の自粛生活は、私たちそれぞれに、自分の忙しい生活を今一度振り返る良い機会とな...
  3. ニューヨークを拠点に、さまざまなセミナー、フェスティバルやディナー会などのイベント、質の高い日本食を...
  4. 疲労の原因には、精神的ストレス、身体的ストレス、生活環境ストレス...
  5. 2020年6月6日

    第74回 世界は変わる
    新型コロナウィルス(COVID-19)の世界的大流行が起こってから、約2カ月が過ぎようとして...
  6. 2020年6月5日

    第82回 実践的教育
    この原稿を書いている2020年4月現在、全米は新型コロナウイルスのパンデミックの渦中にある。...
  7. アメリカ先住民族であるプエブロ族は2000年以上もの間、アメリカ南西部の広大なエリアで生活を...
  8. 新型コロナウィルスの影響により、2021年の入試の状況は変更となる可能性があります。 中学受験...
  9. 2020年4月5日

    第73回 明日の家
    最近、自己反省する機会があった。 家の売買を仕事としているので、ありとあらゆる家を見て...
  10. 2020年1月1日よりカリフォルニア州消費者プライバシー法(CCPA)対象企業は、公表してい...
ページ上部へ戻る