「ミニバンは時代遅れ」~SUVに押され販売低迷

数十年にわたって郊外型ライフスタイルに不可欠だったミニバンの需要が低下し、米消費者はSUVに移行している。

ウォールストリート・ジャーナルによると、米ミニバン販売台数は、過去2年間に13%減少した。2019年もさらに減少し、1~6月は前年同期比16%減。半ばまで景気後退が続いた09年に新車販売が底を打って以来、上半期では最大の落ち込みとなった(いずれもウォーズ・インテリジェンス調べ)。

ミニバンの米市場シェアは、08年の4.5%から18年は2.8%と、過去10年で着実に低下した。JDパワーによると、18年のミニバン販売は約48万2000台だった。しかもその38%はレンタカー会社をはじめとする大口購入だった。

今のSUVは、大部分が7人もしくはそれ以上が乗れるようになっている。アナリストやディーラーによると、SUVはより行動的なスタイルを求める消費者にとって魅力的で、それがなければミニバンを購入していた消費者を引きつけている。ウォーズによると、これらの大型SUVは19年上半期販売が前年比20%増となっている。

セントルイス地域にミニバンやSUVを扱う店舗を複数所有するジム・バトラー・オートグループのブラッド・ソウヤー社長は「消費者が求めるのは機能性だけではなく、スタイルも重視される。ミニバンのスタイルはもう流行遅れだ」と言い切った。

1990年代から2000年代にかけて「ミニバンと言えば郊外家庭の母親」というイメージが定着したが、米国ホンダの製品開発部門責任者、ゲーリー・ロビンソン氏は「女性は特にそのイメージで見られたくないという思いから、自分のスタイルを確立しようと模索している」と語った。

現在、ミニバンを販売しているメーカーは、ホンダ、FCA、トヨタ、起亜の4社だけとなっている。 (U.S. Frontline News, Inc.社提供)

Universal Mobile

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. 九州より広いウッド・バッファロー国立公園には、森と湿地がどこまでも続いている ©Parc nati...
  2. 2022年12月9日

    住みたい国
    熊本県八代市の「くまモンポート八代」で 8月の終わりから9月中頃にかけて、私とニナは日本に飛...
  3. 2022年12月7日

    日常の些事
    冬の落ち葉 年齢を重ねると、だんだんと感動が薄くなるとはよくいわれる。ほとんどのことは過去に...
  4. 2022年12月6日

    美酒と器
    酒器の種類 酒器にはさまざまな素材、形のものが存在する。適切な器を選ばないとお酒本来...
  5. 契約上のトラブル 広範囲にわたる法律問題を扱う弊社にはさまざまなお問い合わせがありま...
  6. この号が出る頃、私とニナは日本での3週間の滞在を終えてアメリカに戻っているはずだ。ニナにと...
  7. 2022年10月7日

    森英恵の反骨精神
    裏庭の蝶 ファッションが好きな女性はたくさんいるだろう。私もその一人だ。休日の気晴らしは以前...
  8. およそ2000人の作業員により、6年間で建設されたリドー運河 カナダの首都オタワと、5大湖の...
ページ上部へ戻る