「ミニバンは時代遅れ」~SUVに押され販売低迷

数十年にわたって郊外型ライフスタイルに不可欠だったミニバンの需要が低下し、米消費者はSUVに移行している。

ウォールストリート・ジャーナルによると、米ミニバン販売台数は、過去2年間に13%減少した。2019年もさらに減少し、1~6月は前年同期比16%減。半ばまで景気後退が続いた09年に新車販売が底を打って以来、上半期では最大の落ち込みとなった(いずれもウォーズ・インテリジェンス調べ)。

ミニバンの米市場シェアは、08年の4.5%から18年は2.8%と、過去10年で着実に低下した。JDパワーによると、18年のミニバン販売は約48万2000台だった。しかもその38%はレンタカー会社をはじめとする大口購入だった。

今のSUVは、大部分が7人もしくはそれ以上が乗れるようになっている。アナリストやディーラーによると、SUVはより行動的なスタイルを求める消費者にとって魅力的で、それがなければミニバンを購入していた消費者を引きつけている。ウォーズによると、これらの大型SUVは19年上半期販売が前年比20%増となっている。

セントルイス地域にミニバンやSUVを扱う店舗を複数所有するジム・バトラー・オートグループのブラッド・ソウヤー社長は「消費者が求めるのは機能性だけではなく、スタイルも重視される。ミニバンのスタイルはもう流行遅れだ」と言い切った。

1990年代から2000年代にかけて「ミニバンと言えば郊外家庭の母親」というイメージが定着したが、米国ホンダの製品開発部門責任者、ゲーリー・ロビンソン氏は「女性は特にそのイメージで見られたくないという思いから、自分のスタイルを確立しようと模索している」と語った。

現在、ミニバンを販売しているメーカーは、ホンダ、FCA、トヨタ、起亜の4社だけとなっている。 (U.S. Frontline News, Inc.社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

注目の記事

  1. 疲労の原因には、精神的ストレス、身体的ストレス、生活環境ストレス...
  2. 2020年6月6日

    第74回 世界は変わる
    新型コロナウィルス(COVID-19)の世界的大流行が起こってから、約2カ月が過ぎようとして...
  3. 2020年6月5日

    第82回 実践的教育
    この原稿を書いている2020年4月現在、全米は新型コロナウイルスのパンデミックの渦中にある。...
  4. アメリカ先住民族であるプエブロ族は2000年以上もの間、アメリカ南西部の広大なエリアで生活を...
  5. 新型コロナウィルスの影響により、2021年の入試の状況は変更となる可能性があります。 中学受験...
  6. 2020年4月5日

    第73回 明日の家
    最近、自己反省する機会があった。 家の売買を仕事としているので、ありとあらゆる家を見て...
  7. 2020年1月1日よりカリフォルニア州消費者プライバシー法(CCPA)対象企業は、公表してい...
  8. 2020年4月1日

    第81回 日本語の継承
    今回は「アメリカの学校」ではなく、「アメリカで育つ二世の子どもたちの日本語教育」というテーマ...
  9. モンタナ州の北部に位置するグレイシャー国立公園と、カナダのアルバータ州南部に位置するウォータ...
  10. 東京オリンピック・パラリンピックはスポーツの祭典であると同時に、各国がそれぞれの文化...
ページ上部へ戻る