アップル・カード、起業家のツイートで性差別の疑いに直面 ~ NY州、ゴールドマン・サックスを調査か

アップル(Apple)がゴールドマン・サックス(Goldman Sachs)と共同開発したクレジット・カード「アップル・カード」の運営に関し、性差別の疑いが表面化している。

ベンチャービート誌によると、技術起業家のデイヴィッド・ハイネマイヤー・ハンソン氏は、アップル・カードを夫婦で申請したところ、妻に認められた与信限度額の20倍が自分に認められたことをツイートした。

ハンソン氏は、ルビー・オン・レールス(Ruby on Rails)というウェブ基盤申請処理技術プラットフォームを構築した人物として知られる。同氏は、自身と妻が認められた与信限度額を公表していないが、夫婦共同所得確定申告をしており、妻のほうが自身より高いクレジット・スコアーの持ち主でもあることを説明した。

アップル・カードは、設計や販促についてはアップルが担当し、カード申請者の与信判断や決済システム網といった運営についてはゴールドマン・サックスが担当している。

クレジット・カード申請者の与信判断には、人工知能基盤のアルゴリズムが活用されている。そのアルゴリズムの設計をどちらが担当したかについてはわかっていない。

アップルとゴールドマン・サックスの広報担当者は取材に応じなかった。

アップルの共同創設者であるスティーブ・ウォズニアック氏も、アップル・カードを夫婦で申請したところ、妻が認められた与信限度額が自身より少なかったことを明らかにした。

女性というだけで、クレジット・カード申請の際の与信限度額が男性より小さくなるアルゴリズムにもとづいて運営される状態が続けば、アップル・カード事業が深刻な打撃を受けることになる。

「いかなるアルゴリズムも、女性やそのほかの人たちを差別すれば、ニューヨークの州法を犯すことになる」とニューヨーク州金融サービス省の報道官は声明を発表し、ゴールドマン・サックスを調査する方針を暗示した。

【venturebeat.com/2019/11/11/goldman-faces-probe-after-entrepreneur-claims-gender-bias-in-apple-card-algorithm/】 (U.S. Frontline News, Inc.社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

注目の記事

  1. 2017-9-1

    アメリカで話題沸騰日本発のお菓子・デザート

    この夏、全米のCostcoでも店頭に並び、アメリカ全土で親しまれている「 Hello...
  2. 2017-2-1

    MUJIの商品で社会に役立ち 生活を快適にするお手伝いを

    NY旗艦店の手応え  五番街にあるニューヨークの旗艦店はおかげさまで非常に好調ですね。...
  3. 2017-7-2

    第105回 対犬タイプ

    散歩中に、前方から初対面の犬と飼い主が全速力で走り寄って来て、どきどきした飼い主もいるでしょ...
  4. 2017-11-2

    新しい90日ルールに要注意!

     2017年9月1日に、アメリカ国務省(DOS)が「虚偽陳述」という用語に関する新たなガイダンスを更...
  5. 2019-6-4

    短期集中連載 第3回 続・ポジティブ皮膚科学のススメ 皮膚とにおい

    今回は、皮膚とにおいについてお伝えします。 まずは加齢臭ですが、これは皮脂腺から分泌さ...

デジタル版を読む

saishin フロントライン最新号
ページ上部へ戻る