アリババの「独身の日」特売、販売高記録を更新 ~ 人気上位15ブランドでは米国が最多、越境販売では日本が首位

中国の電子商取引最大手アリババ(阿里巴巴)集団は、11日に実施した「独身の日」特売での24時間に販売額2680億元(約4兆1700億円)を記録し、過去最高だった2018年の2135億元を26%上回る新記録をつくった。

CNBCやフォーブス誌によると、アリババの「独身の日」特売は2009年から実施されており、米国のブラック・フライデイ(感謝祭翌日の金曜日)やサイバー・マンデイ(感謝祭翌週の月曜日)での売り上げを2018年に抜いて、24時間でのオンライン小売高として世界最大に成長した。

アリババによると、10億元(1億4300万ドル)以上を売り上げた会社は15社。それらは、ファーウェイやシャオミといった中国ブランドのほか、米国ブランドのボーズとエスティー・ローダー、ギャップ、リーバイス、ナイキ、ノース・フェイス、アップル、欧州ブランドのネスレとH&M、ロレアル、リフィップス、そして日本ブランドのユニクロと無印良品。

1億元以上の売り上げを記録したおもなブランドは300以上あり、そのなかにはジバンシーやアンダー・アーマー、ダイソン、スターバックスが含まれる。

アリババによると、「独身の日」特売では、越境電子商取引部門「天猫国際」が開設され、世界78ヵ国および地域から2万2000以上のブランドが出店した。中国外の消費者も参加し、買い物した人数は世界で5億人以上に達した。

天猫国際における国別の販売高(中国への輸出販売高)では、日本が4年連続で1位となった。2位に米国、3位に韓国、そのあとにはオーストラリアとドイツが続いた。

天猫国際での輸入品販売(中国への輸出販売高)で首位になったのは、美容および健康機器メーカーのヤーマンで、花王が3位に、そして7位にムーニーが番付けされた。

「天猫ダブルイレブン」と呼ばれる同特売では、上海で催事が開かれ、米女性歌手のテイラー・スウィフトらのコンサートも開かれた。

中国の経済成長鈍化が世界中で懸念材料となるなか、「独身の日」特売は、中国人消費者の購買力を示す一つのものさしとして、世界の金融業界や投資家らが関心を寄せて いた。
 
【forbes.com/sites/sergeiklebnikov/2019/11/12/alibabas-1111-singles-day-heres-which-brands-profited-the-most/#468f42fe4863】
【https://cnbc.com/2019/11/11/alibaba-singles-day-2019-record-sales-on-biggest-shopping-day.html】 (U.S. Frontline News, Inc.社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

注目の記事

  1. 2016-10-5

    スコット・イーストウッド 親の七光りをしたたかに使って チャンスを掴む

     スコット・イーストウッドの存在を初めて知ったのは、2013年の映画「Texas Chain...
  2. 2017-2-2

    第22回 「ちょっと足を伸ばせば」

    頂上から滝壺まで歩いていける オレゴン一の高さマルトノマ滝  サスティナブルで、グリ...
  3. 2019-10-2

    短期集中連載 第4回 ポジティブ皮膚科学・応用編 パワーエリートをつくるための「皮膚科学×スポーツ科学」総論

    私は「ポジティブ皮膚科学」という概念を提唱しています。人々の心を明るく、気持ちを前向きにする...
  4. 2017-9-3

    第56回 日本のナチュラルワイン人気について

    日本は、フランス贔屓で有名な国だ。当然ワインといえば、フランスが唯一最高と信じる国粋主義者(...
  5. 2017-7-1

    第5回 「ブルースのルーツを訪ねて」 ミシシッピ州

    ブルースの誕生は 綿花畑の中から 広いアメリカ、こんなところがあったのかという旅先を紹介して...

デジタル版を読む

saishin フロントライン最新号
ページ上部へ戻る