もっとも人気のある技術的技能はパイソン ~ ユーデミーのオンライン学習者調査で判明

多くの会社では、オンライン職能開発(技能習得)サービスを従業員らに提供しており、従業員たちはそれを利用して技術的な専門知識や技能を身に着けている。また、技術人材の需要は近年にますます強まっている一方、技術の進化や移り変わりも激しいため、どのような技術的技能が必要とされるのかを特定することは簡単ではない。

CNBCによると、人気があり高需要の技術を特定する一つの方法は、企業人らがどれだけの時間を職能開発に費やしているかをみることだ。オンライン学習プラットフォーム提供大手のユーデミー(Udemy、サンフランシスコ拠点)は、最近に発表した調査報告書「2020年職場学習傾向報告(2020 Workplace Learning Trends Report)」のなかでその一端を示した。

同社は、4000万人以上のオンライン職能開発自己学習プラットフォーム利用者のデータを分析した結果、もっとも多くの人がもっとも長い学習時間を割いている技術がプログラミング言語のパイソン(Python)だと報告した。そのほか、人工知能やデータ科学関連も人気が高いことがわかった。

数年前から人気を集めるパイソンは、使いやすいことが特徴で、機械学習アルゴリズムを基盤とするアプリケーションを書く際の言語として多用されている。

「データを重視する会社は何年も前から激増している」「会社でのデータ蓄積量も増える一方だ」「そういったデータ・セットが何を意味するのかという洞察を導き出すことは、事業運営や会社経営にとってますます重要になっている」とユーデミーのコンテント販促部長ジェニファー・ジュオ氏は指摘する。

2020年にもっとも人気が出ると予想される技術的技能上位10のプログラミング言語は次のとおり。

1位 Python:ソフトウェア開発や基幹システム管理、データ分析のプログラムを書くのに使われるプログラミング言語

2位 React (web):利用者インターフェイスを構築するためのジャヴァスクリプト・ライブラリー

3位 Angular:ジャヴァスクリプト基盤のオープン・ソース・フロント・エンド・ウェブ・フレームワーク

4位 Machine learning:アルゴリズムと統計モデルの科学的学習技術

5位 Docker:コンテイナーと呼ばれるソフトウェア・パッケージを構築するのに使われるオープン・ソース・プラットフォーム

6位 Django:パイソン基盤の無料かつオープン・ソースのウェブ・フレームワーク

7位 CompTIA:4種類のIT技能認定証とそれらを発行する団体

8位 AWS:アマゾンのクラウド電算プラットフォームとその専門性を検証する認定証

9位 Deep learning:人工知能の神経回路網を土台とした機械学習の一種

10位 React Native (mobile):フェイスブックが構築したオープン・ソース・モバイル・アプリケーション開発フレームワークで、アンドロイドやiOS、ウェブ、ユニヴァーサル・ウィンドウズ・プラットフォーム向けのアプリケーション開発プラットフォーム (*出典:Udemy、2019年11月)

【cnbc.com/2019/11/19/these-will-be-the-top-10-most-popular-tech-skills-of-2020.html】 (U.S. Frontline News, Inc.社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

注目の記事

  1. 2016-10-2

    第166回 洗脳 VSメディア・リテラシー①

     アメリカのトップ1%(実質的には0.1%)による富の支配が騒がれるようになってから、随分経...
  2. 2017-4-3

    ダンスは最高のドラッグ?! 「Alive and Kicking」

     「リンディーホップ」というのを聞いたことがあるだろうか? スウィング・ダンスの一種で、映画...
  3. 2016-10-3

    第18回 「八百八橋はないけれど」

    東西に川で分かれる 町を繋ぐのは12の橋  ポートランドは、町を東西に分けるようにウ...
  4. 2018-11-8

    Fujita Research, Inc. アメリカのビジネスは、今

    カリフォルニア州Encinoにオフィスを構えるFujita Research, Inc.のKei...
  5. 2017-5-2

    第3回 「全米一長いバイクトレイル」 ミズーリ州

    まずはミズーリ州最高峰を制覇 広いアメリカ、旅先にはことかかないようで、意外と他州に目が向かな...

デジタル版を読む

saishin フロントライン最新号
ページ上部へ戻る