ブラック・フライデイのオンライン販売、過去最高の74億ドル ~ スマートフォン経由が4割弱を占める

アドビ(Adobe)の調査結果によると、2019年のブラック・フライデイ(感謝祭翌日の金曜日に実施される特売)での米オンライン小売売上高は、過去最高を更新する74億ドルを記録した。アドビの予想額75億ドルを下回ったが、2018年の同日比で12億ドルの増加となった。また、そのうちの29億ドルはスマートフォンでの買い物だった。スマートスマート経由が39%以上を占めた計算だ。

テッククランチ誌によると、ことしのブラック・フライデイ・オンライン販売で人気だったのは、ヒット映画「フローズン2」やLOLサプライズ、パー・パトロールといったキャラクターをテーマとした玩具類のほか、FIFA20やマッデン20をはじめとするビデオゲーム、そして任天堂スイッチだった、とアドビは報告した。かたや電子製品では、アップル(Apple)のラップトップやエアポッズ(Airpods)、サムスン(Samsung)のテレビが売れ筋だった。

アドビ・デジタル・インサイツのテイラー・シュライナー主任アナリストは、実在店舗に足を運んで列に並ぶより、パソコンやタブレット、スマートフォンで買い物する消費者の数が予想より大きく増えており、特に「スマートフォン経由の購入者数が最大の成長を記録している」と指摘した。

アドビ・アナリティクスでは、米国内の小売業界上位100社のうち80社の売り上げをリアルタイムで追跡し、米年末商戦期(感謝祭翌日の金曜からクリスマス周辺まで)に約1兆件のオンライン決済を調査対象とする。

アドビによると、ブラック・フライデイのオンライン支出額(買い物に費やす金額)は近年に上昇傾向にある。ことしの場合、オンライン購入額平均は168ドルで、2018年のブラック・フライデイより5.9%高かった。

スマートフォン経由での支出額は前年同日比21%増。また、消費者から小売サイトへのオンライン・トラフィックでは、前年比15.8%増の61%をスマートフォン経由が占めた。

年商10億ドル以上の小売大手らは、それ未満の小売サイトより好業績で、前年比増を記録した割り合いは、後者の27%に対し62%に上った。また、小売大手のモバイル・サイト変換率(モバイル・サイトを閲覧した件数に占める販売成立件数の比率)は66%だった。

【techcrunch.com/2019/11/30/black-friday-sees-record-7-4b-in-online-sales-2-9b-spent-using-smartphones/】 (U.S. Frontline News, Inc.社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

注目の記事

  1. 2017-1-6

    第99回 愛情の定義

     「愛犬を愛していますか?」という問いかけに、NOという飼い主はいないと思います。きっと誰も...
  2. 2017-6-3

    デイヴ・バウティスタ 「俺は寿司ジャンキー」?!

     プロレスラーから俳優に転身したデイヴ・バウティスタ。ザ・ロックことドウェイン・ジョ...
  3. 2017-6-1

    2017 知っておくべき アメリカ移民法最新事情

    永住権を失効させないための注意点は? 質問者:永住権保持者 取り消されるこ...
  4. 2017-11-2

    第9回 「川とチーズとビール」 ウィスコンシン州

    名産のチーズと ラクロスゆかりの町 広いアメリカ、まだ知られていない旅先...
  5. 2018-4-3

    CPTとOPT(アメリカの学生のための労働許可)の違いとは? PART 1

     今回は、CPTとOPTの違いについて2回に分けてご紹介します。学生ビザ(F1ビザ)でアメリ...

デジタル版を読む

saishin フロントライン最新号
ページ上部へ戻る