シカゴが「マーテック」の都に

マーテック関連のソフトウェア開発会社が集中する場所として、シカゴが頭角を現している。マーテック(martech)はマーケティングとテクノロジーを合体させた造語で、販促技術やデジタル・ソリューションを指す。

フォーブス誌によると、ソーシャル・メディアを通じた販促サービスを提供するスプラウト・ソーシャル(Sprout Social)は、株式上場の計画を10月末に申請しており、IPO(新規株式公開)によって1億ドルの調達を目指す。

同社は、2万3000社以上の顧客を有し、利用料の売上高を着実に伸ばしているが、世界各地での市場占有率拡大に投資しているため、黒字にはまだ転換していない。従業員数は500人以上。

スプラウトは、「マーテック」業界におけるシカゴの主導的地位を象徴する存在だ。ほかの有力企業としては、アクティブキャンペーン(ActiveCampaign)も挙げられる。

2003年に設立されたアクティブキャンペーンは、2016年にサース(SaaS=software-as-a-service)会社に転換したことで事業成長を加速させ、158ヵ国に8万5000社以上の顧客を持っている。

業務用ソリューションを評価するG2では、販促自動化を手がける上位会社群の一社にアクティブキャンペーンを挙げている。

G2は、2019年7月末時点の調査データにもとづいて、シカゴ拠点のB2B技術会社50社を列挙する報告記事をまとめた。番付けには、1位と評価されたアクティブキャンペーンと12位に番付けされたスプラウト・ソーシャルのほか、グーグルのジーメールを使った販促サービスを提供するジーマス(GMass、3位)、オンライン広告キャンペーンを管理するプラットフォームを提供するセントロ(Centro、13位)、広告の出稿や効果測定のソフトウェアを開発する4C、32位)が含まれる。

G2によると、シカゴ拠点のデジタル技術ソリューション会社として最初に全国的に注目されたのは、2008年設立のグルーポン(Groupon)だ。シカゴは、グルーポンの登場以来11年間でマーテック業界の拠点になった。

【forbes.com/sites/peterandrewwilkins/2019/11/07/chicago-is-becoming-a-marketing-technology-leader/#6d7f618c5061】 (U.S. Frontline News, Inc.社提供)

Universal Mobile

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

資格の学校TAC
アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用
Universal Mobile

注目の記事

  1. 2020年9月末、ニナは大学に入学する。彼女が進学先として選んだのはカリフォルニア大学(UC...
  2. 2020年10月2日

    豊かな日々を生きる
    「Live rich life」。ピート・ハミルの言葉である。2020年8月5日、彼は85歳...
  3. ケンタッキー州の西部に位置するマンモス・ケーブ国立公園は、複雑に絡み合った小道と大小さまざま...
  4. あなたの食生活は大丈夫? 「体が資本」という言葉がある通り、日々の食事は体の土台を作るための大...
  5. ステンレス製のお皿にライスが隠れるようにルーを全体にかけ、その上にトンカツ、そして付け合わせにはキャ...
  6. この原稿を書いているのは2020年6月12日。昨日、ニナの義務教育が終了した。オンラインでの...
  7. アラスカ州とカナダの国境地帯に広がるのは、世界最大規模の自然保護区。北米大陸最高峰の山々に世...
  8. コロナ禍の3カ月の自粛生活は、私たちそれぞれに、自分の忙しい生活を今一度振り返る良い機会とな...
ページ上部へ戻る