排ガス浄化装置の盗難急増 ~ ディーラー、個人オーナー悲鳴

新型コロナウイルスの感染流行が始まって以来、車の排ガス浄化装置(catalytic converter=触媒コンバーター)の盗難が全米で急増し、消費者や自動車販売店が自宅・店舗のセキュリティー強化を余儀なくされている。

オートモーティブ・ニュースによると、触媒コンバーター盗難の増加は、装置に使われている貴金属の高騰が背景にある。全米保険犯罪機構(NICB)によると、2018年には月平均108件ほどだった同装置の盗難は、19年には282件、20年には1203件へと激増。20年12月は単月で2347件以上の盗難が通報された。

USAトゥデイによると、21年は1-5月の部品盗難数が2万6000個近くに上っている。実に月間5000個のペースだ。04年式のホンダ「CR-V」を路上に駐車していたというシカゴ在住の女性は同紙に、パンデミック期間中に2度、触媒コンバーターを盗まれたと語った。

触媒コンバーターを盗まれた場合、車1台当たり数百-数千ドルの修理費がかかる。盗んだ側は、部品を金属回収業者に売れば1個当たり50-250ドルになる。CBSニュースによると、トヨタ「プリウス」などのハイブリッド車(HV)の触媒コンバーターにはその数倍の値段が付くという。通常、同部品は車の下に潜れば数分で切り離せる。

(U.S. Frontline News, Inc.社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

Universal Mobile
資格の学校TAC
アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用
Universal Mobile

注目の記事

  1. インターネット上では、会社の名誉・評判を毀損するような虚偽の投稿をはじめ、著作権侵害、プライバシー侵...
  2. 2021年10月10日

    留学が転機になった!
    2021年7月末、ロサンゼルス名古屋姉妹都市委員会(LANSCA)と名古屋市との共催による、...
  3. 25年前にLA 郊外のPalm Springsに2年ほど住んでいた。Coachella Va...
  4. ニューメキシコ州の南東部、テキサス州との境に位置するグアダループ山脈の麓には、地底に広がる鍾...
  5. 2021年10月4日

    就職&転職ガイド
    転職大国アメリカの労働市場 アメリカでは転職がごく一般的。United States Depa...
  6. 偶然出会ったシンクロが人生の糧に シンクロナイズドスイミング(現・アーティスティックスイミング...
  7. 相手の過失で事故に巻き込まれた場合でもご自身の過失で事故を起こしてしまった場合でも、共通した...
  8. 2021年8月9日

    課外活動の重み
    日米の学校や受験システムの違いで実感するのが、生徒の活動への取り組みに対して、日本では短期的...
ページ上部へ戻る