排ガス浄化装置の盗難急増 ~ ディーラー、個人オーナー悲鳴

新型コロナウイルスの感染流行が始まって以来、車の排ガス浄化装置(catalytic converter=触媒コンバーター)の盗難が全米で急増し、消費者や自動車販売店が自宅・店舗のセキュリティー強化を余儀なくされている。

オートモーティブ・ニュースによると、触媒コンバーター盗難の増加は、装置に使われている貴金属の高騰が背景にある。全米保険犯罪機構(NICB)によると、2018年には月平均108件ほどだった同装置の盗難は、19年には282件、20年には1203件へと激増。20年12月は単月で2347件以上の盗難が通報された。

USAトゥデイによると、21年は1-5月の部品盗難数が2万6000個近くに上っている。実に月間5000個のペースだ。04年式のホンダ「CR-V」を路上に駐車していたというシカゴ在住の女性は同紙に、パンデミック期間中に2度、触媒コンバーターを盗まれたと語った。

触媒コンバーターを盗まれた場合、車1台当たり数百-数千ドルの修理費がかかる。盗んだ側は、部品を金属回収業者に売れば1個当たり50-250ドルになる。CBSニュースによると、トヨタ「プリウス」などのハイブリッド車(HV)の触媒コンバーターにはその数倍の値段が付くという。通常、同部品は車の下に潜れば数分で切り離せる。

(U.S. Frontline News, Inc.社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

資格の学校TAC
アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. 2022年8月11日

    有名人の親に学ぶ
    日本でも動画を撮影。シオンさんは右から2人目 写真提供:シオン・カジ 先日、超有名キッズユー...
  2. 2022年8月9日

    遊び上手
    独断と偏見だが、アメリカ人の良いところは遊び上手なことではないだろうか。日本人の若い方々は...
  3. カナダの東部、大西洋上に浮かぶニューファンドランド島。この島の西岸に位置するグロス・モーン国立公園...
  4. NFT.NYC 2022に参加してきました! 6月に開催された世界最大のNFTカンフ...
  5. オンライン補習校校長の谷口弘芳先生 日本語で日本の教科を学ぶ 西大和学園オンライン補習...
  6. 2022年8月1日

    NFTの未来
    NFTってそもそも何? 最近よく聞くNFTは、「Non-Fungible Token...
  7. 働き方に対する考え方は、アメリカと日本では大きく異なります。雇用、残業、休憩時間、ハラスメ...
  8. 2022年6月7日

    はじめてのおつかい
    動画配信サービスのNetflixで『はじめてのおつかい』が人気だ。英語のタイトルは『Old...
ページ上部へ戻る