マイクロソフト、全米の公立短大と協力しサイバーセキュリティー人材育成に取り組む ~ 4年間で25万人を養成し人材不足半減を目指す

マイクロソフト(Microsoft)は10月28日、米国内の公立地域短期大学(communitycollege)らとの協業によって、サイバーセキュリティー人員不足を解消するために人材育成に取り組む計画を明らかにした。

CNBCによると、同社はそれによって、米国のサイバーセキュリティー人員不足を2025年までに半減できると考えている。同社は全米の公立地域短大らと協力して今後4年間に25万人の学生をサイバーセキュリティー人材に育てるとともに採用する考えだ。

「12~24ヵ月後には違いが出てくるだろうと楽観している」とマイクロソフトのブラッド・スミス社長は話した。

同社は、その計画のもと、全米の公立短大に専門科目を無償提供し、150の学校で講師らを訓練するとともに、2万5000人の学生に奨学金と勉強資源を提供する。

スミス氏によると、米国ではサイバーセキュリティー職の約2件のうち一つのが空いており、また、米国内のすべての求人のうち20件中1件以上がサイバーセキュリティー技能を求めている。サイバーセキュリティー職には技能や知識の高低水準が幅広くあるが、一般的な平均年俸は10万5800ドルと高給職だ。

スミス氏はまた、サイバーセキュリティー職における多様性の拡充にもマイクロソフトが取り組む方針だと話した。同社の調べによると、米国内のサイバーセキュリティー職の82.4%は男性で、80%は白人で占められる。性別比や人種比からみれば、著しく偏っているのは明らかだ。

また、マイクロソフトが集めたデータによると、米国内の公立地域短大の学生の57%は女性で、40%は黒人またはヒスパニックで、白人と男性以外の人材を育てる場として適している。

マイクロソフトは、ジョー・バイデン大統領が技術業界首脳らを招集して8月に主催したサイバーセキュリティー・サミットに出席した際、向こう5年間に総額200億ドルを投じて、より先進的なセキュリティー・ツール群を提供し、省庁機関のセキュリティー・システムの更新と強化、サイバーセキュリティー訓練協力体制の拡充に1億5000万ドルを投資する、と話した。

(U.S. Frontline News, Inc.社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. 2022年4月12日

    大学の日本語クラス
    アメリカの大学の日本語クラスは人気がある。私自身、過去にカリフォルニア大学ロサンゼルス校(U...
  2. 2022年4月10日

    家を遺す
    家の売買に関わる仕事を長年している。人それぞれ異なった理由でこの職業を選択するのだろうが、私...
  3. 大西洋岸に面したカナダのノバスコシア州にある小さな港町・ルーネンバーグ。赤、青、緑、黄色……...
  4. NFTを買う理由 NFTの購入方法は、日々さまざまな選択肢が追加されています。現在もっとも一般的...
  5. マインドフルネスとは? マインドフルネス(Mindfulness)=“今この瞬間” の心の...
  6. Q.周りに日本人がいない環境で乳幼児を育てています。日本語をどう育んでいくか不安です。 このご質...
  7. Q.海外に長く住んでいて、子どものアイデンティティが心配です。日本人として育ってほしいのですが…...
  8. 2年前に日本食品のオンラインストアをオープンし、2021年12月22日にはジョージア州アトラ...
ページ上部へ戻る