世界のEV充電回数、5年で7倍超に増加へ ~ ジュニパー・リサーチが報告

調査会社ジュニパー・リサーチによると、世界市場における電気自動車(EV)充電(セッション)の回数は、2021年の年間2億回から2026年には15億回超に激増すると予想される。5年間で665%以上に増える計算だ。

グリーン・カー・コングレス誌によると、ジュニパーの最新報告書「EV充電:おもな商機、課題、市場予想 2021-2026」は、その理由として、各国政府によるEV購入奨励策の拡大と充電サービス網の拡充を挙げている。

同報告書によると、欧州では奨励策がEV普及を大幅に促進させており、北米でも協調的な奨励策パッケージが提供される可能性がある。

車の電動化の促進を支えるには、EV充電サービス業者らが政府や燃料販売業者を含むほかの利害関係者らと協力して、調整された公共充電サービス網の展開を計画すべきだ、とジュニパーは報告した。

すべてのEV充電に占める家庭での充電割り合いは、2021年の80%強から2026年には70%強とやや低下する見込みだが、充電設備メーカーらのハードウェア売り上げでは、2026年には56%が公共充電施設で占められる見込みだ。

同報告書を作成したニック・メイナード氏によると、EV充電は引き続きおもに家庭で実行されるものの、今後の大きな焦点は公共充電施設の展開で、駐車場を持たない消費者がEV革命に参加できるようにするにはそれが重要になる。

また、EVの航続距離が延びて、よりパワフルになるのにともなって、急速充電DC(直流)施設がEVの充電環境における次の競争の場になると見込まれる。設備メーカーらは、駐車場や小売店といった移動のおもな目的地との協力によって急速充電器の展開に迅速に取り組む必要がある、と同氏は報告した。

(U.S. Frontline News, Inc.社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

資格の学校TAC
アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. 2022年8月11日

    有名人の親に学ぶ
    日本でも動画を撮影。シオンさんは右から2人目 写真提供:シオン・カジ 先日、超有名キッズユー...
  2. 2022年8月9日

    遊び上手
    独断と偏見だが、アメリカ人の良いところは遊び上手なことではないだろうか。日本人の若い方々は...
  3. カナダの東部、大西洋上に浮かぶニューファンドランド島。この島の西岸に位置するグロス・モーン国立公園...
  4. NFT.NYC 2022に参加してきました! 6月に開催された世界最大のNFTカンフ...
  5. オンライン補習校校長の谷口弘芳先生 日本語で日本の教科を学ぶ 西大和学園オンライン補習...
  6. 2022年8月1日

    NFTの未来
    NFTってそもそも何? 最近よく聞くNFTは、「Non-Fungible Token...
  7. 働き方に対する考え方は、アメリカと日本では大きく異なります。雇用、残業、休憩時間、ハラスメ...
  8. 2022年6月7日

    はじめてのおつかい
    動画配信サービスのNetflixで『はじめてのおつかい』が人気だ。英語のタイトルは『Old...
ページ上部へ戻る