培養肉のコストを下げるタンパク質を生産 ~ アレフ・ファームズとワッカーが提携

培養肉を生産するアレフ・ファームズ(Aleph Farms)とタンパク質の生産技術を提供するワッカー(WACKER)は、培養肉生産のコスト効果向上につながる成長媒介タンパク質の合理的な生産過程(手法)を開発した。

ベイカーズフィールド・カリフォルニアン紙によると、細胞成長の促進で重要な役割りを果たす同タンパク質は、現時点では広く市場に流通しておらず、培養肉の生産を大規模化するうえで大きな課題となってきた。

ワッカーとアレフ・ファームズの提携関係は独占契約ではないため、培養肉を生産する他企業もこのタンパク質を入手できる。それによって生産量が増えれば、通常の食肉と競争できる手ごろ価格で供給できるようになると期待される。

「コストを引き下げ、適切な原材料を広く流通させることは、生産拡大という現在の重要な段階にとって欠かせない。業界全体で使える供給網ソリューション開発に対する投資は、当社の包含的な事業モデルであり、ワッカーとの提携関係の理由でもある」と、アレフ・ファームズの共同設立者兼CEOのディディア・トビア氏は話した。

イスラエル拠点のアレフ・ファームズは、牛を殺傷せずに採取した細胞を使い、遺伝子工学操作も行わずに、ステーキ肉を直接培養した初の会社となった。

ドイツのミュンヘンを拠点とするワッカーは、タンパク質生産において20年以上の実績を持つ。同社は、細胞培養タンパク質を生産するための発酵技法を開発している。その技法で生産されたタンパク質は、動物の体内で生産されるタンパク質と同じ構成だ。同様の技法は、食品加工用の酵素生産ですでに広く用いられている。

「培養肉の市場は急速に拡大しつつある。それを手ごろ価格で提供するのに貢献したい」と、ワッカー・バイオソリューションズ(WACKER BIOSOLUTIONS)のスザンヌ・リオンハーツバーガー氏は述べた。

Universal Mobile

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

Universal Mobile
資格の学校TAC
アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. Q.子どもは日本の理系の大学に進みたいといいます。帰国生が理系を選択するのは不利になりますか。 ...
  2. 突然ですが、女性の皆さんは、布ナプキンを使ったことはありますか? 実は私は一度も使ったことが...
  3. ご自身が生涯をかけて働き、築き上げ、成長させてきた資産があれば誰もが大切な人に受け継いで欲し...
  4. ある時、SNSを通じてTASKIという教育サポートグループが主催するウェビナーのお知らせが届...
  5. カナダ東部のケベック州は、人口の80%がフランス系移民、フランス語を公用語とする異色の州。そ...
  6. 私は長い間、天国を探して生きてきたような気がする。ほとんど前進していないのろまさだが、一応、...
  7. アメリカで新たな事業を手がける人物をクローズアップするインタビューシリーズ。MBA(経営学修士)クラ...
  8. 代替食品って何? 代替食品とは…… 肉や魚といった動物性の食品を植物性に置き換え、味や見...
ページ上部へ戻る