バイデン大統領、ロシアによる大規模サイバー攻撃の可能性で注意喚起 ~ 万全の準備をするよう産業界に進言

米国のジョー・バイデン大統領は3月21日、ロシアが西側陣営に対する大規模サイバー攻撃をしかけようとしているという報告を受けて、サイバーセキュリティーに最大限の注意を払うよう米産業界に呼びかけた。

西側諸国は、ロシアによるウクライナ侵攻をめぐって対露経済制裁を強めている。攻撃が始まってからの4週間で子ども39人を含む900人以上のウクライナ市民が犠牲になっている。そのほとんどは女性と高齢者だ。

CNBCによると、バイデン大統領は、「ロシアが米国に対して悪意のあるサイバー活動を行う可能性について私は前から警告してきた」「そのなかには、私たちが同盟国や協力国たちとともにロシアに科した前例のない経済制裁への報復も含まれる」「サイバー攻撃はロシアの戦術の一部だ」「私はきょう、ロシアが国策としてサイバー攻撃をしかけることを検討しているという確かな情報を得た」と声明で述べた。

ホワイトハウスでは、産業界に対し、多要素認証を使うことやデータの予備保存および暗号化、認証語の変更、セキュリティー強化プログラムの実装を進言している。

ロシア政府が米国の重要な社会基盤を攻撃するかどうかについては不明だが、連邦政府は先日、数百の会社に対し国家機密あつかいの状況説明を行った、とホワイトハウスの台頭技術担当国家安全保障副顧問アン・ニューバーガー氏は記者会見で説明した。

対露経済制裁が始まったあとにサイバー攻撃を受けた米社はすでにある。ソフトウェア会社ハブスポット(HubSpot)は、サイバー攻撃を受けたことを3月18日に公表したが、攻撃者や容疑者がだれなのかについては話さなかった。

(Gaean International Strategies, llc社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

注目の記事

  1. 2022年8月11日

    有名人の親に学ぶ
    日本でも動画を撮影。シオンさんは右から2人目 写真提供:シオン・カジ 先日、超有名キッズユー...
  2. 2022年8月9日

    遊び上手
    独断と偏見だが、アメリカ人の良いところは遊び上手なことではないだろうか。日本人の若い方々は...
  3. カナダの東部、大西洋上に浮かぶニューファンドランド島。この島の西岸に位置するグロス・モーン国立公園...
  4. NFT.NYC 2022に参加してきました! 6月に開催された世界最大のNFTカンフ...
  5. オンライン補習校校長の谷口弘芳先生 日本語で日本の教科を学ぶ 西大和学園オンライン補習...
  6. 2022年8月1日

    NFTの未来
    NFTってそもそも何? 最近よく聞くNFTは、「Non-Fungible Token...
  7. 働き方に対する考え方は、アメリカと日本では大きく異なります。雇用、残業、休憩時間、ハラスメ...
  8. 2022年6月7日

    はじめてのおつかい
    動画配信サービスのNetflixで『はじめてのおつかい』が人気だ。英語のタイトルは『Old...
ページ上部へ戻る