ドキュサイン、契約書署名をスラック内で完結可能に ~ 機能統合を拡充、末端間電子署名をさらに簡便化

ドキュサイン(DocuSign)は9月6日、利用者らがスラック(Slack)を使っている最中にスラックを離れることなく契約書類やそのたぐいの全過程を処理できるよう機能統合した、と発表した。

テッククランチ誌によると、スラックは、利用者らが複数のアプリケーションを行き来することなく一連の作業や業務連絡を完了できるようにする機能に強みを持つ。ドキュサインは、2020年の新型コロナウイルス・パンデミック早期に、スラックの機能と電子署名機能を連携させていた。

スラックの利用者らは、スラックを使って設定できる「ワークスペイス」やチャット部屋に参加し、同僚らとのやり取りを簡便化できる。API(application programminginterface)が公開されているため、たとえばグーグル・ドライブといった第三者のウェブ・サービスやデジタル・ツール、あるいは独自開発のアプリケーションとの連携や統合も可能だ。

スラックは、2021年にセールスフォースに買収された。

2020年のコーヴィッド(COVID)危機初期に、世界中の勤め人たちが在宅勤務を余儀なくされたため、できるだけ多くの仕事や業務方法をさらにデジタル化することが重要になった。昨今では、ハイブリッド労働(出社と遠隔労働の混合)の浸透によって紙の書類なしでアプリケーション間を移動することなく書類内容のオンライン承認過程を通じてデジタル文書と署名を自在に実行できるプラットフォームの有用性が非常に大きくなった。

「こんにちのハイブリッド労働環境では、可能のかぎり迅速かつ効率的にビジネスを進め、可能のかぎり合理化し、仕事に必要なアプリケーションやツールの数を最小限に抑えることが重要だ」とドキュサインは説明した。

同社は、契約締結過程の各段階をスラック内に統合し、仕事の流れのなかで契約書がどこにあるかを確認するために、ほかのさまざまの連絡経路(媒体)やプログラムを確認する必要性をなくすことで、末端間での仮想署名過程を簡便化する。

デロイトのデータによると、ドキュサインは電子署名市場で75%の占有率をにぎる業界最大手だ。しかし、出勤再開の本格化にともなって成長維持が疑問視されているため、2022年に入ってから65%の株価低下を強いられている。ドキュサインはスラックとの機能統合拡充によって利用者基盤の拡大と利用増を図り、株価を戻したい考えだ。

(Gaean International Strategies, llc社提供)

Universal Mobile

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. 2022年12月9日

    住みたい国
    熊本県八代市の「くまモンポート八代」で 8月の終わりから9月中頃にかけて、私とニナは日本に飛...
  2. 2022年12月7日

    日常の些事
    冬の落ち葉 年齢を重ねると、だんだんと感動が薄くなるとはよくいわれる。ほとんどのことは過去に...
  3. 2022年12月6日

    美酒と器
    酒器の種類 酒器にはさまざまな素材、形のものが存在する。適切な器を選ばないとお酒本来...
  4. 契約上のトラブル 広範囲にわたる法律問題を扱う弊社にはさまざまなお問い合わせがありま...
  5. この号が出る頃、私とニナは日本での3週間の滞在を終えてアメリカに戻っているはずだ。ニナにと...
  6. 2022年10月7日

    森英恵の反骨精神
    裏庭の蝶 ファッションが好きな女性はたくさんいるだろう。私もその一人だ。休日の気晴らしは以前...
  7. およそ2000人の作業員により、6年間で建設されたリドー運河 カナダの首都オタワと、5大湖の...
  8. 本特集は一般的なケースの情報提供を目的としたものです。特定事例におけるアドバイスが必要な場合は、専...
ページ上部へ戻る