セールスフォースとスノーフレイク、提携を拡大 ~ 顧客データをシステム間で即時移動可能に

セールスフォース(Salesforce)とスノーフレイク(Snowflake)は9月15日、スノーフレイクのデータ・リポジトリー(貯蔵庫)とセールスフォースの顧客データ・プラットフォーム(CDP)のあいだでデータを自由かつリアルタイムで交換できるよう提携強化する、と発表した。両社は前から提携関係にある。今回の提携は、従来の協力関係を大幅に拡充するものだ。

セールスフォースは顧客関係管理(CRM)ソフトウェアの最大手で、スノーフレイクは、クラウド型データ・レイク(構造化および非構造化データやバイナリー・ファイルを含めたデータを一元的に格納するデータ貯蔵庫)の大手。それらを統合すれば、非常に強力なデータ運用システムが構築されるとみられる。

テッククランチ誌によると、セールスフォースの社長兼最高製品責任者デイヴィッド・シュマイヤー氏は、今回の提携強化について、できるかぎり単一かつ最新の顧客記録をリアルタイムで提供し、利用会社らが顧客について知っていることにもとづいて顧客体験を最適化できる全般的なデータ活用システムの構築を目的とする、と説明した。

セールスフォースは、質や量のもっとも高いデータを活用できる会社がもっとも賢い機械学習モデルを構築できるという核心的信念を持っている。スノーフレイクのデータ貯蔵庫との連携はそれにかなうものだ。

スノーフレイクの製品担当上席副社長クリスチャン・クライナーマン氏は、「セールスフォースのCRMシステムのデータをスノーフレイクのデータ・クラウドに取り込み、顧客らがそこから興味深いソリューションや成果を生み出すと同時にセールスフォースのCRMにフィードバックできるようにするにはどうすればいいかを話していた」ことが、今回の提携拡大につながった、と話した。

(Gaean International Strategies, llc社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. 九州より広いウッド・バッファロー国立公園には、森と湿地がどこまでも続いている ©Parc nati...
  2. 2022年12月9日

    住みたい国
    熊本県八代市の「くまモンポート八代」で 8月の終わりから9月中頃にかけて、私とニナは日本に飛...
  3. 2022年12月7日

    日常の些事
    冬の落ち葉 年齢を重ねると、だんだんと感動が薄くなるとはよくいわれる。ほとんどのことは過去に...
  4. 2022年12月6日

    美酒と器
    酒器の種類 酒器にはさまざまな素材、形のものが存在する。適切な器を選ばないとお酒本来...
  5. 契約上のトラブル 広範囲にわたる法律問題を扱う弊社にはさまざまなお問い合わせがありま...
  6. この号が出る頃、私とニナは日本での3週間の滞在を終えてアメリカに戻っているはずだ。ニナにと...
  7. 2022年10月7日

    森英恵の反骨精神
    裏庭の蝶 ファッションが好きな女性はたくさんいるだろう。私もその一人だ。休日の気晴らしは以前...
  8. およそ2000人の作業員により、6年間で建設されたリドー運河 カナダの首都オタワと、5大湖の...
ページ上部へ戻る