マイクロソフト、省エネ対策で巨額節約 〜管理ソフトウェアを自社開発

 マイクロソフト(Microsoft)は、自社開発したエネルギー管理ソフトウェアを使って、本社キャンパスの運営コストを数百万ドル単位で削減している。

 エネルギー・マネジャー・トゥデイ誌によると、同社は、ワシントン州レドモンドにある広さ500エイカーの本社キャンパスでエネルギー管理ソフトウェアを活用した結果、電気代の大幅節減を可能にしただけでなく、エネルギー効率化への資本投資を6000万ドル回避したと説明した。

 同事業を率いるのは、施設管理を手がける比較的少人数の専門部隊だ。3年前から活動を開始し、様々な時代に導入された3万個の接続検知器のシステム統合を進めてきた。

 それらの検知器には異なるメーカーの異なる技術が使われているが、マイクロソフトは独自のソフトウェアを開発することによって、冷暖房や換気、照明をすべて統合管理できるようにした。

 検知器から取得されるデータ・ポイントは24時間で5億件にも上る。それらを分析することで、より賢明に意思決定できるようになった。13棟の建物を対象にした試験運用だけでも、電気代や維持管理費で数百万ドルを節約できたことが分かった。

 現在では、エネルギー管理者が机にいながらにして、どの建物のどの部分でバルブから漏れているかといった詳細状況まで逐一把握できる。以前であれば、トラックに飛び乗って現場確認が必要とされた作業だ。

 たとえば、ある建物の車庫で換気扇が1年間にわたって付けっ放しになっていたことがあり、それによって年間6万6000ドルが無駄遣いされていた。その換気扇の問題は、監視システムが稼動した途端に発見され修正された。

 また、別の建物では、冷水システムの圧力に問題があることが判明し、5分未満で修正できた。この修理は年間1万2000ドルの節約につながった。

 同ソリューションでは、建物設備の優先順位に従って問題点が表示される。マイクロソフトでは、老朽化した設備の交換に6000万ドル近い投資を検討していたが、そのコストを完全に回避できたと報告している。

 自社での成果を背景に、マイクロソフトはそのエネルギー管理ソフトウェアの商業販売も開始している。国防総省を服務世界各地の建物にすでに導入されている。

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

Universal Mobile
アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. 九州より広いウッド・バッファロー国立公園には、森と湿地がどこまでも続いている ©Parc nati...
  2. 2022年12月9日

    住みたい国
    熊本県八代市の「くまモンポート八代」で 8月の終わりから9月中頃にかけて、私とニナは日本に飛...
  3. 2022年12月7日

    日常の些事
    冬の落ち葉 年齢を重ねると、だんだんと感動が薄くなるとはよくいわれる。ほとんどのことは過去に...
  4. 2022年12月6日

    美酒と器
    酒器の種類 酒器にはさまざまな素材、形のものが存在する。適切な器を選ばないとお酒本来...
  5. 契約上のトラブル 広範囲にわたる法律問題を扱う弊社にはさまざまなお問い合わせがありま...
  6. この号が出る頃、私とニナは日本での3週間の滞在を終えてアメリカに戻っているはずだ。ニナにと...
  7. 2022年10月7日

    森英恵の反骨精神
    裏庭の蝶 ファッションが好きな女性はたくさんいるだろう。私もその一人だ。休日の気晴らしは以前...
  8. およそ2000人の作業員により、6年間で建設されたリドー運河 カナダの首都オタワと、5大湖の...
ページ上部へ戻る