ソーラー・パネルの角度調節ロボット 〜新興企業が第2世代を発表

 新興企業のキューボーティックス(QBotix)は、太陽の位置に応じてソーラー・パネルの角度を変えるロボットの新型を発表した。同社は約1年前に同ロボットの第1世代を発表しており、今回の新型ロボットはその後継機種となる。

 ギガOM誌によると、サンフランシスコで開かれる業界会議「インターソーラー(Intersolar)」に合わせて発表された新型ロボットは、従来型よりも小型かつ軽量で部品数が少ないため、組み立てが簡単だ。

 同ロボットには、検知器やGPS、無線接続機能が搭載されており、パネルの状況を施設管理者に随時報告できる。太陽の位置に合わせてソーラー・パネルの角度を変えることで、発電効率を最大限に高めるのが狙いだ。

 同様の目的を達成する従来の技術は、一般に「トラッカー」と呼ばれ、ソーラー・パネルの下に設置された台によってパネル角度を調整する。アップル(Apple)がネバダ州リノに建設予定のデータ・センターでは、サンパワー(SunPower)のトラッカー技術が使われる予定だ。

 トラッカーは通常、独自のモーターや電子部品を搭載しているため、太陽光発電施設の開発プロジェクトに大幅の付加コストをもたらす。特に2軸型のトラッカーは、1軸型に比べて正確な角度調整が可能だが高コストだ。

 キューボーティックスでは、第1世代機種「SolBot R-200」を発表した際、同サイズの1軸型トラッカーと同じコストで2軸調整が可能だと説明していた。新型の「SolBot R-225」は、340キロワット相当のパネルを操作でき、第1世代に比べて13%の能力拡大を実現する。

 同社によると、同ロボットはカリフォルニア州やアリゾナ州、および日本の太陽光発電施設計5ヵ所にすでに導入されている。

 同社はこれまでに、NEAやファイアーレイク・キャピタル(Firelake Capital)、日米の初期段階投資を専門とするDFJ JAIC、さらに米エネルギー省から計1250万ドルの資金を調達している。

Universal Mobile

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. 九州より広いウッド・バッファロー国立公園には、森と湿地がどこまでも続いている ©Parc nati...
  2. 2022年12月9日

    住みたい国
    熊本県八代市の「くまモンポート八代」で 8月の終わりから9月中頃にかけて、私とニナは日本に飛...
  3. 2022年12月7日

    日常の些事
    冬の落ち葉 年齢を重ねると、だんだんと感動が薄くなるとはよくいわれる。ほとんどのことは過去に...
  4. 2022年12月6日

    美酒と器
    酒器の種類 酒器にはさまざまな素材、形のものが存在する。適切な器を選ばないとお酒本来...
  5. 契約上のトラブル 広範囲にわたる法律問題を扱う弊社にはさまざまなお問い合わせがありま...
  6. この号が出る頃、私とニナは日本での3週間の滞在を終えてアメリカに戻っているはずだ。ニナにと...
  7. 2022年10月7日

    森英恵の反骨精神
    裏庭の蝶 ファッションが好きな女性はたくさんいるだろう。私もその一人だ。休日の気晴らしは以前...
  8. およそ2000人の作業員により、6年間で建設されたリドー運河 カナダの首都オタワと、5大湖の...
ページ上部へ戻る