豊作リンゴが泣いている〜ワシントンで摘み手が不足

 ワシントン州ではこの秋、リンゴが史上2番目の大豊作となっているが、移民を中心とする摘み取り作業員が足りず、4分の1は収穫されず無駄になる可能性がある。

 ウォールストリート・ジャーナルによると、ミシガン、ニューヨーク、ノースカロライナなど中西部以東の各州では、干ばつなどの悪天候でリンゴの収穫量が落ち込んだものの、西海岸北部のワシントンでは1億900万箱(1箱1000ポンド)に上る豊作が見込まれている。

 しかし、全米的な不法移民の取り締まり強化で州内の農作業者の数が減っている上に、経済がやや回復して建設、造園、レストラン業界などで移民の… 続きを読む

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

Universal Mobile
アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. 九州より広いウッド・バッファロー国立公園には、森と湿地がどこまでも続いている ©Parc nati...
  2. 2022年12月9日

    住みたい国
    熊本県八代市の「くまモンポート八代」で 8月の終わりから9月中頃にかけて、私とニナは日本に飛...
  3. 2022年12月7日

    日常の些事
    冬の落ち葉 年齢を重ねると、だんだんと感動が薄くなるとはよくいわれる。ほとんどのことは過去に...
  4. 2022年12月6日

    美酒と器
    酒器の種類 酒器にはさまざまな素材、形のものが存在する。適切な器を選ばないとお酒本来...
  5. 契約上のトラブル 広範囲にわたる法律問題を扱う弊社にはさまざまなお問い合わせがありま...
  6. この号が出る頃、私とニナは日本での3週間の滞在を終えてアメリカに戻っているはずだ。ニナにと...
  7. 2022年10月7日

    森英恵の反骨精神
    裏庭の蝶 ファッションが好きな女性はたくさんいるだろう。私もその一人だ。休日の気晴らしは以前...
  8. およそ2000人の作業員により、6年間で建設されたリドー運河 カナダの首都オタワと、5大湖の...
ページ上部へ戻る