ダイムラー、使用済み電池で大型蓄電装置を構築 〜 1000台分で1300万ワット時

 ダイムラー(Daimler)は、電気自動車とプラグイン・ハイブリッド車の使用済みリチウムイオン電池を再使用して、商業用の大型蓄電システムを構築する計画だ。

 コンピュータワールドによると、その蓄電システムの第1号は、1000台の電気自動車から回収した電池を用いることで、1300万ワット時の容量になる見込み。2016年初めにドイツのリューネンで送電網に接続される見通しだ。

 「現時点では、使用済み電池を使ったシステムは、商業規模のみを計画している。メガワット級かそれ以上を意味する」と、メルセデスベンツ・カーズの広報担当者は述べ、世帯向けには進出しない方針を示した。

 同事業には、ダイムラーのほか、電池と送電網の統合を手がけるモビリティー・ハウス(The Mobility House)、エネルギー・サービスを提供するGETEC、およ再生利用を手がけるレモンディス(REMONDIS)が参加している。

 自動車の使用済み電池に新たな再使用方法が生まれれば、新しい収入源を確保でき、電気自動車のコスト低下につながる。

 ダイムラーは、車種にもよるが最大10年間にわたって効率80%以上の電池寿命を保証している。保証水準を満たさなくなった電池でも、利用価値がないわけではない。固定式蓄電装置の一部として使用するのであれば、多少の電力喪失はあまり重要でないためだ。ダイムラーでは、自動車で使えなくなったあとでも最低10年は固定式蓄電として使えると説明している。

 送電網に接続された蓄電装置は、電力使用量のピーク時間帯に発電需要を減らすのに役立つ。

 電気自動車製造最大手のテスラ(Tesla)は、家庭用と商業用の蓄電システムをさきに発表し、すでに販売している。また、太陽光発電業界の企業も、リチウムイオン電池を使った家庭用蓄電システムの販売を積極化させている。

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

資格の学校TAC
アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. カナダの東部、大西洋上に浮かぶニューファンドランド島。この島の西岸に位置するグロス・モーン国立公園...
  2. NFT.NYC 2022に参加してきました! 6月に開催された世界最大のNFTカンフ...
  3. オンライン補習校校長の谷口弘芳先生 日本語で日本の教科を学ぶ 西大和学園オンライン補習...
  4. 2022年8月1日

    NFTの未来
    NFTってそもそも何? 最近よく聞くNFTは、「Non-Fungible Token...
  5. 働き方に対する考え方は、アメリカと日本では大きく異なります。雇用、残業、休憩時間、ハラスメ...
  6. 2022年6月7日

    はじめてのおつかい
    動画配信サービスのNetflixで『はじめてのおつかい』が人気だ。英語のタイトルは『Old...
  7. 2022年6月5日

    住めば都
    ジャカランダの道 太陽が暖かい。春から夏にかけ、輝く青空と真綿のような太陽の暖かさは格別だ。...
  8. これからのエンターテインメントの未来を変えるといわれているNFTs。今回は、中でも簡単にイメージで...
ページ上部へ戻る