古タイヤ使った舗装路が完成
イエローストーン、ミシュランが協力

Photo © Dino Trnjanin

Photo © Dino Trnjanin

 イエローストーン国立公園の歩道の一部にこのほど、タイヤ大手ミシュランから寄贈された古タイヤを使った新種の舗装が施された。
 9月7日付USAトゥデイの記事(“Michelin Donates Tires, Labor for Yellowstone Path”)によると、この歩道は有名な間欠泉 「オールド・フェイスフル」に向かう観光客が利用する道で、全長6400平方フィートの舗装に使われたミシュランの古タイヤは900本に上る。
 「フレキシ・ペイブ(Flexi-Pave)」と呼ばれる舗装材は、KBインダストリーズ(KBI、フロリダ州)が古タイヤを加工して生産しており、アスファルト舗装のように石油をしみ出させず、通水性が高いのが特長。
 KBIのケビン・バグノール最高経営責任者(CEO)は「フレキシ・ペイブの材料はまったく無害で、イエローストーンの繊細な帯水層の上でも安全に使える。この舗装路は1平方フィート当たり3000ガロンの水を地下に通せる上、水の力を拡散して土壌の浸食を防ぐ効果もある」と説明する。
 ミシュランは2008年以降、同公園の車両に30万ドル分のタイヤを寄贈しているほか、今回の舗装では現地支援のために社員も派遣している。

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

この著者の最新の記事

関連記事

注目の記事

  1. 永住権を失効させないための注意点は? 質問者:永住権保持者 取り消されるこ...
  2. 中南米地域で注目すべき市場は?  最も注目されている市場はメキシコです。4年前の在メキシ...
  3. SHISEIDO 資生堂が、Bio-Performanceからの2つの商品を含む2016年秋の新作...
  4. 出発点はレコード針  AUTECの出発点は、東京の町田にあるAudio Technic...
  5. 2017年3月2日

    第101回 エネルギー
     犬の飼い主さんから相談を受ける際、「飼い主のエネルギーを意識して愛犬と接しています...

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る