バレンタイン in ニューヨーク③「Neuhaus」ベルギー正統派の歴史を楽しむ

 まもなくバレンタイン・デーがやってくる。ニューヨークで、日本人に人気があるショップから、バレンタインに向けた新商品や、甘いものツアーの情報を教えてもらった。

Neuhaus Valentine's Collection Courtesy of Neuhaus

Neuhaus Valentine’s Collection
Courtesy of Neuhaus

 日本で長く愛されているベルギーのチョコレートのブランドといえば、「Neuhaus」(ノイハウス)だ。
 1857年創業というから、「GODIVA」(ゴディバ)よりも歴史は古い。1912年に、ベルギーで最初に、フレッシュなクリームやガナッシュ入の、チョコレート・プラリネをつくった会社としても有名だ。当時のレシピを今も守っている。

 バレンタインデーの定番コレクションは、ベルギー伝統のギフトボックス「Ballotin」に入っている。8個入り16ドル、17個入り32ドル、34個入り63ドルの3種類。
 アソートメントは、どれも正統派の味わい。ナッツやミルクもしっかり楽しめて、素材の新鮮さと質の高さが実感できる。

Neuhaus Valentine's collection Courtesy of Neuhaus

Neuhaus Valentine’s collection
Courtesy of Neuhaus

 2016年の新コレクションは、エレガントなハート型のギフトボックスに入っているのが特徴。ヘーゼルナッツとアーモンドのフレーバーをきかせたもの、パッションフルーツとクッキー、キャラメル味など、新しいチョコレートも含まれている。
 小さなピンクのノートつきで、ロマンチックな言葉も書き込める。2個8ドル、16個32ドル、30個64ドル。

Neuhaus Liquor Collection Courtesy of Neuhaus

Neuhaus Liquor Collection
Courtesy of Neuhaus

 お酒好きの人には、「Single Malt Whisky」のコレクションがおすすめ。
 「チョコレート・オタク」向けには、最近発売された「History Collection」(55ドル)を。160年に及ぶ、ノイハウスのチョコレートの歴史が詰まったセットだ。

Neuhaus History Collection Courtesy of Neuhaus

Neuhaus History Collection
Courtesy of Neuhaus

 これほど有名なブランドながら、ノイハウスのブティックは、空港免税店を除くと、全米に8カ所しかない。そのうち3店舗がニューヨーク・マンハッタンに集中している。マディソン・アベニューの旗艦店、グランドセントラル構内、レキシントン・アベニューの3カ所だ。
 最近できたフルトン・センターにも、4店舗目となるブティックが、まもなくオープンするという。

Neuhaus Whiskey 24-piece Box Courtesy of Neuhaus

Neuhaus Whiskey 24-piece Box
Courtesy of Neuhaus

⚫︎Madison Avenue Flagship Boutique
500 Madison Avenue (Corner of Madison and 52nd), New York, NY 10022

⚫︎Grand Central Station Store
460 Grand Central Terminal at 42nd Street, New York, NY 10017

⚫︎Lexington Avenue Boutique
569 Lexington Avenue at 51st Street, New York, NY 11022

◾️詳細:www.neuhauschocolate.com

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

この著者の最新の記事

関連記事

注目の記事

  1. 2017年4月2日

    第102回 犬ビジネス
     昨秋、生まれて初めてひどい腰痛を患いました。大型犬の飼い主としては致命傷。完治するまでの間...
  2. 2016年9月2日

    第165回 ポケモンGO
     今巷で大人気の、ポケモンGOというスマートフォン(以下スマホ)用ゲーム、私は正直それ程興味...
  3.  ソノマといえば、ナパと並んで、北カリフォルニアのワインカントリーの雄。オークランドに5年住...
  4.  取り立てて大きな事件もなく普通の人々の生活を描く映画は退屈に感じてしまう筆者だが、本作は最...
  5.  アメリカのトップ1%(実質的には0.1%)による富の支配が騒がれるようになってから、随分経...

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る