加州でナッツの大量盗難頻発
15年の被害額900万ドル

orchard-1149536_640

 カリフォルニア州の農業地帯セントラルバレーで、ナッツ農家を狙った大量窃盗事件が急増している。アーモンド、ピスタチオなどの栽培農家がブローカーを通じて呼んだトラック業者に渡した大量の商品が、輸送の途中で消えてしまうのだ。
 ロサンゼルス・タイムズによると、同州テュレアリのホライゾン・ナットでは2015年11月、東海岸に商品を送るためトラックを呼んだ。運転手は書類を持っていたがややずさんだったので仲介業者に電話したところ、積み込んでも大丈夫だと言う。それを信じて4万5000ポンドのピスタチオを運転手に引き渡したが、数時間後にロサンゼルス/ロングビーチ地区の港でトレイラーから降ろされたのを最後に、代金45万ドルの荷物は行方不明となった。
 加州では昨年、同種の盗難が31件も発生し、被害総額は900万ドルに上った。ホライゾンの担当者は「私たちがドライバーに荷物を渡したんだから、強盗ではない。やや疑わしい運送会社による正式な受け渡しだった。これは詐欺だ。暴力もなく、何も残らなかった」と話す。
 貨物保険大手トラベラーズ(コネティカット州)によると、ナッツ泥棒の大半は監視の目を盗んでトレイラーに忍び込むようなことはせず、架空の会社を名乗ってまともなトラック業者に運送を依頼し、農場が使う倉庫とは別の場所に向かわせる手口が多い。ドライバーは荷物を降ろした時点で報酬を受け取るため、犯罪に加担している自覚がない。

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

この著者の最新の記事

関連記事

注目の記事

  1.  2017年2月、東京に所用ができ、2泊することになった。宿泊先として以前から興味を覚えてい...
  2. 診断と治療の問題点 認知症とは何か? 生後に正常に発達した諸々の精神機能が慢性的に減退すること...
  3. 米国帰化移民局(USCIS)とソーシャルセキュリティ管理局の間の新しい状況共有パートナーシッ...
  4. アメリカの世界遺産を紹介していく新連載の第1回は、2015年に認められた米国内で一番新しい登...
  5. 今回は日本企業の人事にまとわる無駄について考えてみた。 その昔(もう40年前の話)、あ...

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る