日本の食
自然志向最前線

60年以上の歴史ある加州米にも
オーガニックブランド
Rice

国宝ローズのオーガニックホワイト

国宝ローズのオーガニックホワイト

 国宝ローズは、代表的なカリフォルニア米の品種。後にライス・キングの別名で呼ばれるようになった、福島県出身の国府田敬三郎がカリフォルニア産初の中粒米の栽培に成功、1960年代に 国宝ローズを市場に送り出した。現在も三代目に当たる国府田ロスさんがコーダファームの経営に携わる。

 「我々にとっては家宝とも言える品種であり、顧客の多くが一度国宝ローズを味わうと他の商品に戻ることはないほど愛されていると自信を持っています」と 国府田さん。

 コンベンショナルの品種には白米と玄米がある。白米は若干粘り気のある食感と噛んだ後に甘さが感じられる。また、玄米も甘いハチミツのような香りが特徴となっている。

 国宝ローズにも、オーガニックのブランドが存在する。「当社がオーガニック米に着手したのは2004年からです。理由は国宝ローズを支持してくださっている顧客に対して、従来式の米とオーガニック米、両方の選択肢を提供すべきだと考えたからです。プレミアムな商品をナチュラルな形に進化させるべきだと実行に移しました。それは顧客にとって魅力的なことであると同時に、我々にとっては困難なことでもあり、その後、(幅広い顧客層を獲得することで)大きな見返りを得ることにもつながりました」

15poundorganicbrown_small_lr

 国府田さんが言う「困難」とは雑草の問題だった。そして、雑草の障害を克服した先には新たな障害が出現した。カリフォルニアの干ばつである。

 「現在、最も頭が痛い問題は安定した水の供給です。カリフォルニア州はご存知のように干ばつの被害を受けています。十分な水を水田に送り込むことが非常に難しくなっています。もう一つの問題は絶滅危機生物保護法の影響です。この法律が州内での水の効果的な運搬を妨げています。水が十分でないだけでなく、それを活用するフレキシビリティにも今のカリフォルニアには制限が多すぎます。例えば、水の使用量は季節ごとに異なります。水田に必要な水は夏が最多になりますが、許可されている水の量で十分でない場合は、秋の分の水を使うしか対策がないのです」

 このように雑草を克服した後に干ばつ、さらに法的規制とさまざまな障害が降りかかる中でも、 国府田さんはブランドを守っていくために、前出のオーガニック品種開発の成功を含め、新た挑戦を続けている。

 「我々にとってコアな消費者がアジア系であることに変わりはありませんが、すべての民族的背景を持つ人々にとっても米の価値は高く評価されています。今後もすべての層を対象に新規顧客を獲得し続けるために、トレードショー、メディア、ファーマーズマーケットでの直販を通じて、当社の商品の訴求に取り組んでいきます」

 最後に 国府田さんは「伝統的な日本食こそが本来健康的なものであり、自然なものです。日本食への世界的な需要の高まりは当然の結果だと言えるでしょう」と「健康的な日本食の明るい未来」を確信していると語った。

国府田ロスさん

国府田ロスさん

Koda Farm,Inc.
www.kodafarms.com
Special thanks to Nomura & Co

1 2 3 4 5

6

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

この著者の最新の記事

関連記事

注目の記事

  1.  カリフォルニアワインの質と評価が、世界的に認知されたのは喜ばしい。しかしながら、高騰し続け...
  2.  2月の2週間、日本に一時帰国した。目的は長男ノアが日本で通う学校の保護者向け就職説明会に参...
  3.  小学校では3年生から4年生、年齢にすると9歳くらいから急に学習内容が難しくなると言われる。...
  4. DAY 1 首都ハバナに到着  アメリカン航空での空の旅からスタート。今回は...
  5.  早いもので、あなたがレインボーブリッジのもとに旅立ってから5年半以上もの日々が過ぎました。...

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る