厳選された至上のレストラン第2回
〜Shibumi〜

日本からの食材を積極的に使っているお店を応援しようという趣旨のもと、
アメリカ国内の様々なレストランを紹介していく。

 LAのダウンタウンは、光と影という言葉では語りつくせない様々な顔を持つ。特に近年、ハリウッドに代わり、昼間の喧噪が一段落したころ、若者が集まるお洒落なクラブやバーなど、夜の顔が動き始める。


Shibumi(渋味)レストランは、そんな街並みの中でひっそりと佇む、「隠れ家レストラン」とも呼ぶべき存在だ。私が最初にこの店に訪れたのは、友人から招待されたイベントだった。外に看板がないため、完全に通り過ごしてしまった。お店の中に一歩入るとモダンな空間と雰囲気に、一瞬時間が静止してしまう。 このお店の中にある空気は、心から和食を楽しむ人達の喜びなのか、何故か楽しい気分にさせてくれる。青山あたりにありそうなお洒落な雰囲気なのに、全く堅苦しくなく、独特の居心地の良さを感じてしまう。


渋味レストランのオーナーシェフは、なんとアメリカ人だ。
David Schlosser氏は、LAで最高峰に評価されている「Urasawa」と、京都の三ツ星で老舗料亭の「菊乃井本店」で修行してきた。京都に5年住んでいたそうで、(無口な性格ながら)とても流暢な日本語を話す。彼の料理のスタイルは、伝統的な和食であり、旬の食材を生かしたモダン割烹である。アメリカによくある、フュージョンや創作料理では決してない。正統派の割烹料理だが、日本の料亭などで味わう割烹料理とは、良い意味で少し異なる。時の流れと場所柄か“進化した割烹”というべきかもしれない。これらの料理が、アメリカ人シェフによって作られたというのは、少々信じられないというのが日本人としての本音である。


単品のオーダーは、ちょっと気の利いた酒の肴になるものが多い。日本酒に合う料理が多いので、日本酒のセレクションもかなりの物だが、日本からの輸入のウィスキーも揃っている。料理は、宮崎産の牛刺しなどもあるが、お任せのコースというのが所謂お勧めの懐石コース。このお任せは、シーズンごとにメニューが作られる。この春のコースは、富山のホタルイカの柚子味噌あえ、のれそれ(穴子の稚魚)、真鯛の刺身、筍の焼き物、スモークした日本海の桜鱒、など旬の高級食材を日本から直輸入している。デザートは、苺を使った麹アイスクリームと毎日作っている桜餅と懐かしい味を堪能させてくれる。


このレストランのもうひとつの拘りは、料理を盛り付ける器である。日本から直輸入の手焼きの陶器などがその料理に彩りよく使われる。

店内に入ったその瞬間からの空気感。さりげなく出てくる料理の流れ。彼が和食の道を志し、言葉もろくに通じない日本で修行を積み重ねてきた不断の努力の成果。そして彼の情熱が、犇々と伝わってきた。この店の常連客のほとんどがアメリカ人なので、日本人の皆さまにも是非スクロッサ―シェフの、”割烹料理”を試して欲しい。

Shibumi
日本食材サポーター店

■ 住所:815 S. Hill in Downtown LA.
■ 電話:213-265-7923
■ホームページ: www.shibumidtla.com

日本食材サポーター店認定制度

日本農林水産省が定める制度で、日本産の食材や酒類を積極的に使用し魅力を伝えているお店を日本食材サポーター店として応援する制度が米国でも始まりました。日本産食材の輸出を促進する事で、日本の生産者や食品事業者を支援していくものです。今後もこのコラムで、日本産食材を取り扱うお店やレストランをご紹介していきます。対象は全米の食品小売店と飲食店です。ご推薦のお店やレストランがございましたら、是非ご連絡お願い致します。

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

Kaz Tachibana

Kaz Tachibana

ライタープロフィール

1987年に渡米。ニューヨークにて商社勤務を経て、その後1995年にロサンゼルスにて起業。現在はデロリインターナショナルの副社長。日本酒、緑茶、日本食品のインポートをしている。また、日本食材サポーター店の認定団体として日本レストランの認定業務を行っている。デロリグループの関連会社では、アイグルメ(igourmet.com)というグルメ食品専門会社がある。その他の活動として、NPO ”Powerful Japan USA”を設立。特定非営利活動法人”元気な日本を作る会/Powerful Japan”と提携し、日本企業の米国進出の応援をしている。

この著者の最新の記事

関連記事

注目の記事

  1.  事業を成功させ、リッチな老後を送るハリエットは、我の強い性格ゆえに孤独な日々を送っていた。...
  2.  前回のコラムで、アメリカ国外に再入国許可なしで1年以上滞在し、グリーンカードが放棄されたと...
  3. 日本は、フランス贔屓で有名な国だ。当然ワインといえば、フランスが唯一最高と信じる国粋主義者(...
  4.  アメリカのトップ1%(実質的には0.1%)による富の支配が騒がれるようになってから、随分経...
  5. 万が一に備え十分な補償額を 自動車保険  公共交通機関が整備されていない地域もあるア...

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る