サッカーの王様ペレの伝記映画(5月13日から劇場公開)

文/はせがわいずみ(Text by Izumi Hasegawa)

 

© IFC Films Release

© IFC Films Release

 子供の頃、サッカーのうまい男子を「うちの学校のペレ」と言っていたが、それほど日本人におなじみのサッカー選手ペレ。しかし、彼がブラジル出身で、なぜ「サッカーの王様」と呼ばれるのか詳しくは知らなかったので、「Pele: Birth of a Legend」の公開を耳にした時、映画会社に何度も連絡をして試写の情報を手に入れた。

 劇映画としてペレの生い立ちや親子関係、当時の生活を感動的に描く本作は、差別についても言及する。白人選手とペレのようなアフリカ系ブラジル人選手との間の確執が、ワールドカップという世界舞台に出たときに消えていく過程が実に小気味よい。同じブラジル人として、肌の色や文化に関係なくチームが一丸となり、アフリカ系選手の持つ、文化・慣習をベースにしたプレイを受け入れ、リスペクトするようになるからだ。

 そもそもペレの本名はペレではないこと、そして、ペレのプレイが、カポエイラの影響と父親(元サッカー選手)の教えによるものなど、トリビア的なネタも存分に詰まった本作。サッカー好きは必見の作品だ。(5月13日公開)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

はせがわいずみ (Izumi Hasegawa)

はせがわいずみ (Izumi Hasegawa)

ライタープロフィール

島根県松江市出身。映画ジャーナリスト・神主。NHKなどのアナウンサーを経て、映画・TV記者に。取材したセレブはのべ5000人以上。スターのインタビューや写真を全世界の媒体に配信する通信社Hollywood News Wire Inc. を経営 (一部をWhatsUpHollywood.comに掲載。動画インタビューはUTBでも放送中!!)。ハリウッドと日本の架け橋としてHollywood-PRを立ち上げ、PR・マーケティング、コンサルタントとしても活動中。
実家が神社(出世稲荷神社)なので神主の資格を持つ。島根県ふるさと親善大使「遣島使」。著書:TV『24』公式解説本『メイキング・オブ 24-TWENTY FOUR-』(竹書房)

この著者への感想・コメントはこちらから

Name / お名前*

Email*

Comment / 本文

この著者の最新の記事

関連記事

注目の記事

  1. この夏、全米のCostcoでも店頭に並び、アメリカ全土で親しまれている「 Hello...
  2.  ソノマといえば、ナパと並んで、北カリフォルニアのワインカントリーの雄。オークランドに5年住...
  3. 2017年秋、南カリフォルニア日系商工会議所の前会頭だったキティ・サンキーさんが、長年の地元...
  4. 前を走っている車が跳ねた石が、車のフロントガラスに当たって傷がついた経験がある人も多いと思い...
  5. 今夏開催されるリオデジャネイロ五輪に、日本人を母親に持つ3兄弟が出場できるかもしれない。水泳選手として五輪出場を狙っているのはジェイ、ケビン、ミックのリザランド兄弟。3人ともジョージア大学2年生の20歳。三つ子の選手だ。

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る