最終回 めんたいトマトそうめん
紅ショウガと枝豆のヘルシーおやき

文&写真/名波はるか(Text and photos by Haruka Nanami)

5年間続いたこの連載ですが、残念ながら今月号が最終回となります。今まで愛読いただいた皆様、本当にありがとうございました。

さて、夏真っ盛りということで、主食には暑い日に嬉しい冷たいそうめんを。麺つゆにトマト? と思われるかもしれませんが、トマトの旨み、酸味が、実は麺つゆと相性ばっちりなんです! ぜひ試してみてください。

副菜には、紅ショウガの赤と枝豆の緑で、色合いも綺麗な豆腐おやき。焼きたて熱々を生姜醤油でいただくと、とってもおいしいです。おやつにもよし、副菜にもよし、ビールのつまみにもよし。お肉もお魚も使わない、ヘルシー&節約レシピです。

めんたいトマトそうめん

Photo © Haruka Nanami

  • 【材料】(4人分)
  • そうめん14oz
  • 辛子明太子1腹
  • トマト(真っ赤なもの)2個
  • 万能ネギ少々
  • 麺つゆ適量

【作り方】
❶明太子は切れ込みを入れ、中身を包丁の背でしごき出し、薄皮を取り除く。
トマトはヘタを取り除き、1cm角に切る。
❷麺つゆは、濃縮のものは水を加え、ストレートの状態にし、①と一緒にボウルに入れて混ぜる。冷蔵庫で冷やしておく。
❸鍋にたっぷりの湯を沸かし、そうめんを記載された時間通りにゆでる。ザルに上げ、流水でしっかりともみ洗いをして、水気を切る。
❹器に③を入れ、②をかける。万能ネギをみじん切りにして散らす。


紅ショウガと枝豆のヘルシーおやき

Photo © Haruka Nanami

  • 【材料】(4人分)
  • 木綿豆腐1丁
  • 冷凍枝豆(むき身)5ozくらい
  • 紅ショウガ大さじ3
  • 1個
  • マヨネーズ大さじ1
  • 少々
  • 片栗粉大さじ2
  • サラダ油大さじ1
  • <つけダレ>
  • 醤油 適量
  • ショウガ(すりおろし) お好みで

【作り方】
❶木綿豆腐は重石を置くか、レンジで水切りしておく。紅ショウガはよく水気を切っておく。
❷豆腐をボールに入れ、手でもんで崩したら、サラダ油とつけダレ以外の材料をすべて入れ、混ぜ合わせる。
❸好みの大きさに丸め、サラダ油をひいたフライパンで中火で両面、少し焦げ目がつくまで焼く。
❹焼きたてをショウガ醤油につけていただく。

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

名波はるか (Haruka Nanami)

名波はるか (Haruka Nanami)

ライタープロフィール

タレント・グラビアアイドル・女優として日本でTV、雑誌、ラジオに出演。代表作に人気漫画の実写化作品の主人公を演じた「まいっちんぐマチコ先生」。現在は日本とロサンゼルスを行き来しながら、料理研究家としても活動中。著書(電子書籍)に「名波はるかの彼のお家で作るお泊まりレシピ」と「魔性の身体を2週間で手に入れる! 糖質制限レシピ」がある。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る