アメリカ専門職でキャリアアップ

高度な資格や専門知識、特殊技能が求められるスペシャリスト。手に職をつけて、アメリカ社会を生き抜くサバイバー。それがたくましき「専門職」の人生だ。「天職」をつかみ、アメリカで活躍する人たちに、その仕事を選んだ理由や、専門職の魅力、やりがいについて聞いた。

カテゴリー:アメリカ専門職でキャリアアップ

  • sumikawa1b

    炭川純代
    幼稚園教諭

    「子どもの成長と同じく常に自分自身も成長、変化していきたい」  現在は2歳から6歳までのプレスクールとキンダーガーテンを付設したモンテッソーリの学校を経営しつつ、自分でも一番...
  • nao1a

    島田 “ナオ” 尚彦
    フィジカルセラピスト­­

    「身につけた知識を生かすことで患者の回復に直結」  怪我をした人に対してだけでなく、筋肉の使い過ぎや悪い姿勢によって生じた身体の痛みや機能低下を治療するのが、私たちのよう...
  • ichimura1-eye

    市村恭一
    アートディレクター

    「アメリカ人に日本文化を広げたい デザインで貢献できることに喜び」  生まれは兵庫県芦屋ですが、その後群馬に移り、高校卒業後には東京の専門学校に進学、ビジュアルデザイン科で...
  • tsuboi-san-eyecatch

    坪居ゆき子
    日本語教師­­

    「言葉を教えるだけでなく責任感や人との接し方も伝えたい」  昨年の秋からロングビーチシティカレッジの日本語プログラムで、フルタイム教員として教えています。日本の大学では英米文...
  • Mitsuda-san-eye

    光田一昭
    総合建設業者(ジェネラルコントラクター)

    「必要なのはコミュニケーション力と柔軟性 作品となって残る『ものづくり』が魅力」  私の仕事は建物にかかわるすべて、と言っていいと思います。設計や工事はもちろん、許認可をと...
  • kaoru2_eye

    メッツラー薫
    ダンス/ヒップホップインストラクター­­

    「プチ鬱から救い出してくれたヒップホップいかに生徒にエンジョイしてもらうかに注力」  私が教えているのはズンバとズンバゴールド(ズンバのソフトバージョン)、それにヒップホップ...
  • banchi1-280x210

    プロダクション・コーディネーター
    番地 章

    「状況に臨機応変に対処し 心折れずに取り組む資質が必要」  テレビ番組の依頼を受けて、リサーチに始まり、アポ取り、取材陣の旅の手配、インタビュー、通訳、運転が私の仕事ですが、...
  • IMG_1324-280x210

    マリッジ・ファミリー・セラピスト
    雅子・スチュワート

    「相手の目を見てしっかり話を聞く 魂のレベルでの対話が醍醐味」  私の仕事は個人、カップル、ファミリーのクライアントを対象にした、メンタルヘルスのカウンセリングです。鬱病や心...
  • sakamoto-san-280x210

    寿司シェフ
    坂本 耕一

    「大事なことはすべて現場で大将から学んだ 『付け場は舞台』という言葉を忘れない」  寿司自体の経験は30年になります。生まれ故郷の高知で、まだ高校に通っていた時、友達が働いて...
  • mitsuko-san

    フローラルデザイナー
    大須賀 美津子

    「原動力は喜ぶ顔を見たいから 常に期待以上の作品に仕上げる」  子どもの頃から物を作ったり絵を描いたりするのが好きでした。お花は、1985年に日本で日比谷花壇主催のお花のレッ...
  • Kaori-eye

    フォトグラファー
    鈴木 香織

    「被写体のいい部分引き出す集中力 コミュニケーション力も重要」  フォトグラファーとしての経験は20年以上になります。日本でも制作会社の社員、フリーランス含めて10年以上、2...
  • OLYMPUS DIGITAL CAMERA

    風水コンサルタント
    清水 瑛紀子

    「風水は人生を快適に過ごすツール 鑑定と講義で専門知識を提供」  風水鑑定を始めて15年、教え始めて10年になります。風水に関しては誤解が多く、物を買わなければいけないとか、...
  • Robert

    カイロプラクター
    ロバート・T・ジョー

    「身体、環境、精神 総合的に自然治癒力を改善」  カイロプラクターというと背骨のずれを治すというイメージがあるかもしれません。しかし、今はそれだけでなく、身体の構造、食事や環...
  • Tsukasa

    ツアーガイド&ツアーコーディネーター
    井手野下 司

    「ホスピタリティーの姿勢忘れず努力重ねる 『楽しかった』の一言で疲れも吹き飛ぶ」  アメリカに来たのは23年前です。日本では英語の専門学校を卒業後にホテルのフロントで働いてい...
  • It consultant Tony

    ITコンサルタント
    トニー 山梨

    「ITは企業にとってのユーティリティー 的確かつ迅速な問題解決が鍵」  わが社の業務内容は企業のネットワークのトラブルシュート全般、ネットワークを含むサーバーのビルドアップ、...
  • Esthe-Ozaki

    エステティシャン&電気鍼脱毛士
    尾崎 冨美

    「最先端の知識や技能の吸収に努め 顧客の立場で、肌の悩みを解決」  昔から、父には「手に職をつけろ」と言われていました。最後はラスベガスのベラッジオでも握っていた寿司職人の父...
  • Photo by Ayano Hisa

    ウェディング&イベントコーディネーター
    オウ・ジサ

    「カリブ海のリゾートで 夢のイベントをフルカスタマイズ」  私の仕事は、顧客のイベントをフルカスタマイズするために、理想のイメージと予算を聞いて、選択肢となるプランを紹介した...
  • kimura-san

    弁護士
    木村 原

    「アメリカで生活していくための手伝い 移民法弁護士にやりがいと手応え」  1995年、日本から渡米してきました。高校からアメリカに留学していた友達に、大学のパンフレットを送っ...
  • IMG_0696

    グルーマー
    大橋 里美

    「遠方から通ってくれる常連客 丁寧な仕事でその気持ちに応えたい」  日本の高校では建築科に通っていて、将来は建築設計の仕事に就こうと決めていました。ところが卒業前にバブルが崩...
  • sakamoto-san2

    クリニカルソーシャルワーカー
    坂本 安子

    「日本の浪人生を教えていた英語講師時代 人の役に立ちたいという意識芽生えた」  1979年に設立され、翌80年にサービスを開始したリトル東京サービスセンター(以下LTSC)に...
  • 過去の記事は続々追加予定です!今しばらくお待ちください。

注目の記事

  1. 息子達が高校生の頃、1日の食事は6回、1回にご飯1升を炊いていた秩寿子さんは「給食を作っているようだった」と振り返る(左よりミック、ケビン、ジェイ)=提供写真
    今夏開催されるリオデジャネイロ五輪に、日本人を母親に持つ3兄弟が出場できるかもしれない。水泳選手として五輪出場を狙っているのはジェイ、ケビン、ミックのリザランド兄弟。3人ともジョージア大学2年生の20歳。三つ子の選手だ。
  2. ガラパゴス・海イグアナ
Photo © Kaz Takahashi
    1日目 キト ↓ バルトラ島 ↓ サンタクルス島  飛行機がバルトラ空...
  3. 赤い喉袋を膨らませるグンカンドリの雄
Photo © Kaz Takahashi
    6日目 サンタフェ島 ↓ サウスプラザ島  海の動物にも興奮させられる。...
  4. 山と青空、パームツリーを望む「Monkey Tree」のプールサイド
Photo © Mirei Sato
     南カリフォルニアのパームスプリングスが一番にぎわうのは、避寒客が殺到する冬だ。でも「...
  5. 2層になった高さが目立つ「鉄橋Steel Bridge」Photo © Michiko Ono Amsden
    東西に川で分かれる 町を繋ぐのは12の橋  ポートランドは、町を東西に分けるようにウ...

デジタル版を読む

610cover フロントライン最新号
ページ上部へ戻る