第3回「エコロジー?そんなの常識〜」

文&写真/小野アムスデン道子(Text and photos by Michiko Ono Amsden)

入室の条件はエコ関連 作りもエコなビル

 「エジソンは偉い人 そんなの常識〜」とちびまる子ちゃんがリズムにのって歌っていたけれど、ポートランドでエコロジーを意識することはごく普通。例えば、街を歩いていると自転車で走っている人が多いなとすぐ感じるが、何といっても人口当たりの自転車数が全米一。自転車で通勤する人の割合も全米が0.5%なのに対し、6%だ。ゴミのリサイクル率も全米一。市は、生ゴミや庭ゴミを堆肥に使うプログラムを施行している。そしてLEED認証と呼ばれる省エネや環境性能の高さを評価するシステムで認定された建物数が人口あたり最も多い都市の一つだ。
 それを象徴するような建物がポートランドにある。「ナチュラル・キャピタル・センター」通称エコトラストビルがそれ。環境保全のNPOエコトラストが、1895年に建てられた赤レンガ倉庫を買い取り、98%は元々使われていた材料をリサイクルして建てたビルだ。オレゴンで初めて、歴史的建物の修復では全米でも初めてのLEEDゴールド認証を得た建物だ。見た目は古いビルだが、中はとてもお洒落なデザインのオフィスが並んでいる。テナントとして入れるのは、エコロジー関連の会社のみ。屋上は緑化されていて、駐車場の周囲の雨水をろ過システムを用いて再利用、中にあるピザ店の「ホットリップス・ピザ」のピザ窯の熱で建物を暖めるといったエコロジカルな仕掛けがされている。リノベーションの方法や建物の利用法までエコロジー哲学が一貫したビルなのだ。

ガチャガチャの中身は種ボール Photo © Michiko Ono Amsden

ガチャガチャの中身は種ボール
Photo © Michiko Ono Amsden

Natural Capital Center
721 NW 9th Avenue, Portland, OR
電話:503-227-6225
ウェブ:www.ecotrust.org/project/natural-capital-center/

721 NW 9th Avenue, Portland, OR

 

環境への貢献もちょっとユーモアを持って

 こうした環境や自然の保全のためのいろいろな工夫も、ちょっとユーモアがあるのがポートランド流。お洒落な雑貨店やカフェなどが並ぶミシシッピアベニューの園芸店を訪ねた時のこと。変わったガチャガチャが目に止まった。中身は「シード・ボム(種の爆弾)」というもので、芝の種が入った土のボールで、それをそこら辺にぽいっと投げれば草が生えて来るという仕組み。たった50セントで誰でも緑化に一役買える微笑ましいアイデアなのだ。
 別のある時、ダウンタウンの公園でなんとジューサーを取り付けた自転車のペダル一生懸命に漕いで回す若者に遭遇。道行く人も思わず注目のこの自転車は、ジュースを売って若い人の雇用促進をするための寄付を集めているらしい。エコでユニークなアイデアが、自転車フレンドリーなポートランドならでは。
 また、トレンディなエリアにあって、鮮度な寿司ネタで人気のレストラン「バンブー・スシ」は全米初のサステイナブルな寿司レストラン。ここのメニューには一工夫あって、ネタになるシーフード生産量などを見ながら、十分な数がいる魚におススメマークを付けている。食べに来るお客も海洋資源の保全のために一役買える。また、肉は飼料にホルモンを使っていない近郊で放牧のもの。店内で出た紙のゴミは100%再利用、生ゴミも40〜80%は堆肥に利用できるようにしている。
 政策的なエコロジーだけではなく、ポートランドでは、さりげなくそして楽しくみんながエコロジーに関われる機会も多いのだ。

自転車を漕いでジュースを作る Photo © Michiko Ono Amsden

自転車を漕いでジュースを作る
Photo © Michiko Ono Amsden

Bamboo Sushi
836 NW 23rd Ave., Portland, OR
電話:971-229-1925
ウェブ:bamboosushi.com

836 NW 23rd Ave. Portland, OR

資料提供:Travel Portland(www.travelportland.com/lang/japanese/)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

小野アムスデン道子 (Michiko Ono Amsden)

小野アムスデン道子 (Michiko Ono Amsden)

ライタープロフィール

世界有数のトラベルガイドブック「ロンリープラネット日本語版」の編集を経て、フリーランスへ。東京とポートランドを行き来しつつ、世界あちこちにも飛ぶ。旅の楽しみ方を中心に食・文化・アートなどについて執筆、編集、翻訳多数。日本旅行作家協会会員。

この著者への感想・コメントはこちらから

Name / お名前*

Email*

Comment / 本文

この著者の最新の記事

関連記事

アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. 九州より広いウッド・バッファロー国立公園には、森と湿地がどこまでも続いている ©Parc nati...
  2. 2022年12月9日

    住みたい国
    熊本県八代市の「くまモンポート八代」で 8月の終わりから9月中頃にかけて、私とニナは日本に飛...
  3. 2022年12月7日

    日常の些事
    冬の落ち葉 年齢を重ねると、だんだんと感動が薄くなるとはよくいわれる。ほとんどのことは過去に...
  4. 2022年12月6日

    美酒と器
    酒器の種類 酒器にはさまざまな素材、形のものが存在する。適切な器を選ばないとお酒本来...
  5. 契約上のトラブル 広範囲にわたる法律問題を扱う弊社にはさまざまなお問い合わせがありま...
  6. この号が出る頃、私とニナは日本での3週間の滞在を終えてアメリカに戻っているはずだ。ニナにと...
  7. 2022年10月7日

    森英恵の反骨精神
    裏庭の蝶 ファッションが好きな女性はたくさんいるだろう。私もその一人だ。休日の気晴らしは以前...
  8. およそ2000人の作業員により、6年間で建設されたリドー運河 カナダの首都オタワと、5大湖の...
ページ上部へ戻る