第5回 「ポートランド発の味、続々日本へ①」

文&写真/小野アムスデン道子(Text and photos by Michiko Ono Amsden)

こだわりの材料や味はまま 量だけは日本向け

 東京で、ポートランドから上陸した味が最近、話題になっている。いろんなメディアにポートランドが取り上げられているということもあるのだろうが、ライフスタイルにうるさ型の人が多いポートランドで人気のある店というのは、ひと味違うということで注目を浴びているようだ。そんなお店を東京で訪ねてみて、日本での人気などチェックしてみた。
 まず、いまだ日本でブームが続く”パンケーキ“では、1953年創業の老舗、オーブンで焼き上げたジャーマンパンケーキにホイップバターとレモン、粉砂糖がけという”ダッチベイビー“と呼ばれるスタイルが有名な「オリジナルパンケーキハウス」。今やアメリカでは124店舗を展開して、ご近所の店という感じだが、元はポートランドから。日本には2013年に東京の吉祥寺に1号店、今や原宿に2号店もオープンし、行列が出来る大人気。ポートランド本店の味を忠実に再現しているらしいが、唯一、量だけは日本人向けに少なめだそう。天然酵母を使用し、バターやソースも手作りというこだわりは創業時から。ポートランドでも時々、無性に食べたくなる”あの味“だ。

レトロ感漂うトレードマークは日本でも同じ(オリジナルパンケーキハウス) Photo © Michiko Ono Amsden

レトロ感漂うトレードマークは日本でも同じ(オリジナルパンケーキハウス)
Photo © Michiko Ono Amsden

オリジナルパンケーキハウス

原宿店
東京都渋谷区神宮前6-28-6 キュープラザ原宿8F
電話:03-6712-5988(他に吉祥寺店)
ウェブ:www.pancake-house.jp

東京都渋谷区神宮前6-28-6 キュープラザ原宿8F

ポートランド店
8601 S.W 24th Ave., Portland, OR 97219
電話:503-246-9007

8601 S.W 24th Ave. Portland, OR 97219

 

日本の自分達で作る式の料理が逆進出

 同じくパンケーキで、生地や中に入れる具材、トッピングを自由に選んで、自分が鉄板で焼くというスタイルがユニークな「スラッピーケークス」は、2009年にサウス・イーストのヒップなエリアで創業。創業者であるアダム・フュデラーは、アジアを初めて旅した時に、日本人が鍋やお好み焼きなどをみんなで楽しみながら作って食べるスタイルを見て、これは自分の考える大切な朝食の時間を友達や家族と共有するのによいと思ったそう。そこで、当時、アメリカでは他にない「自分達で焼くパンケーキ」というスタイルで開業したところ、アメリカで行きたいレストラン10としてテレビでも紹介されて大人気。日本への進出は2013年。元々、ヒントを得たのは日本やアジアからだったので、日本でも「スラッピーケークス」は受けるはずと思ったという。今や、日本だけではなく、アメリカではハワイ、そしてフィリピン、シンガポールとアジアにも出店している。大阪出身の私には、ソウルフードがお好み焼きだけに、目の前の鉄板で自分が焼くことによる楽しさはとてもよく分かる。かつ、生地や具材、トッピングをあれこれ選んでオリジナルのパンケーキを試すのも楽しい。自分達で作る式の料理が、アイデアの元である日本へ逆進出したわけだ。
 ポートランドから日本に来ているのはパンケーキだけではない。次回は、オーガニックのフルーツを使ったドーナツ、農家直送の野菜を生かしたタパスが人気のレストランなど、”こだわり“が日本人にフィットする話題店をチェックする。

トッピングのグラノーラはホームメイドとこだわりが(スラッピーケークス) Photo © Michiko Ono Amsden

トッピングのグラノーラはホームメイドとこだわりが(スラッピーケークス)
Photo © Michiko Ono Amsden

スラッピーケークス

新宿店
東京都新宿区新宿3-38-1 ルミネエスト新宿7F
電話:03-6457-4155
ウェブ:www.slappycakes.jp

東京都新宿区新宿3-38-1 ルミネエスト新宿7F

ポートランド店
4246 SE Belmont St., Portland, OR 97215
電話:503-477-4805

4246 SE Belmont St, Portland, OR 97215

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

小野アムスデン道子 (Michiko Ono Amsden)

小野アムスデン道子 (Michiko Ono Amsden)

ライタープロフィール

世界有数のトラベルガイドブック「ロンリープラネット日本語版」の編集を経て、フリーランスへ。東京とポートランドを行き来しつつ、世界あちこちにも飛ぶ。旅の楽しみ方を中心に食・文化・アートなどについて執筆、編集、翻訳多数。日本旅行作家協会会員。

この著者への感想・コメントはこちらから

Name / お名前*

Email*

Comment / 本文

この著者の最新の記事

関連記事

Universal Mobile
アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. 九州より広いウッド・バッファロー国立公園には、森と湿地がどこまでも続いている ©Parc nati...
  2. 2022年12月9日

    住みたい国
    熊本県八代市の「くまモンポート八代」で 8月の終わりから9月中頃にかけて、私とニナは日本に飛...
  3. 2022年12月7日

    日常の些事
    冬の落ち葉 年齢を重ねると、だんだんと感動が薄くなるとはよくいわれる。ほとんどのことは過去に...
  4. 2022年12月6日

    美酒と器
    酒器の種類 酒器にはさまざまな素材、形のものが存在する。適切な器を選ばないとお酒本来...
  5. 契約上のトラブル 広範囲にわたる法律問題を扱う弊社にはさまざまなお問い合わせがありま...
  6. この号が出る頃、私とニナは日本での3週間の滞在を終えてアメリカに戻っているはずだ。ニナにと...
  7. 2022年10月7日

    森英恵の反骨精神
    裏庭の蝶 ファッションが好きな女性はたくさんいるだろう。私もその一人だ。休日の気晴らしは以前...
  8. およそ2000人の作業員により、6年間で建設されたリドー運河 カナダの首都オタワと、5大湖の...
ページ上部へ戻る