第32回 カリフォルニアのベストワインを一本選べと言われたら?

文&写真/斎藤ゆき(Text and photos by Yuki Saito)

アーノ・ロバーツが作る珍しい品種のワイン

アーノ・ロバーツが作る珍しい品種のワイン

 さて困った。日本を代表するワインのトッププロから、難しい依頼を受けてしまった。きっかけは、日本で行われるワイン品評会に、審査員として招聘されたこと。その際に、ワイン業界の権威といわれる某氏と夕食をすることになっており、同氏よりカリフォルニアから訪日する当方宛てに、こんなリクエストを頂いた。「日本人があまり知らない、ハイクオリティーワインを一本ご持参下さいますか?」と。

 この依頼には3つの高いハードルがある。その1。「日本人があまり知らない」という点。この場合の「日本人」とは、世界を股にかけてワインの品評をされてきた依頼者の常識を前提にしているはずで、そこで自分なりに定義したのは、日本に輸入されていないワインであること。またパーカーポイント(PP)が高い「有名」ワインは外すことにした。その代わりに選んだのは、生産者が自ら栽培したブドウでワインを作るヨーロッパ的なヴィニョロン。こういうブドウ農家兼ワインメーカー(ヴィニョロン)は、カリフォルニア広しといえども、少数派で、生産量が少なく、地元のファンが買い上げてしまうので、外に出ることがない。

 ハードルその2は「ハイクオリティー」。例えば、PPに代表される評論家やワイン雑誌が高得点を付けるワインは、確かに質は高いが、果実味とアルコール分も異常に高く、50代以上のアメリカ人や、素人に受ける重いワインばかりで、特徴がない。ましてやヨーロッパのワインをベースにワインの味覚を磨いてきた海外(日本も含む)のプロは、ワインメーカー(醸造責任者)の嗜好でワインの味を決めるニューワールド・スタイルよりも、その土地特有のブドウの出来映えをワインに反映するテロワールワインを好むのは必須だ。勿論、アメリカにもこういう作り手は多々存在するが、概して少数生産で希少だ 。

 ハードルその3は、「一本」持参して下さいという依頼。ナパだけでも600件以上のワイナリーが存在するわけで、カリフォルニア全土に散らばる数千のワイナリーがつくる数万のワイン中から、一本だけを選ぶというのは至難の業だ。さて困った…と、悩みながら上記の3条件を満たすワインを並べてみると、結局は自分の好きなエレガント系ワインばかりが並んでいるのだ。それらのワインに共通するのは、家族経営で、畑の平均が10エーカー程(これが、畑の隅から隅まで目が行き届く、人間の限界かもしれない)生産量もせいぜい千ケース(一ケース12本)というもの。

 悩んだ挙げ句、選んだのは赤と白が一本ずつ。赤は、ナパで1937年より三代に渡りジンファンデルの古木から美しいワインを作り続けてきたロバート・ビアリ(Robert Biale)が単一畑のブドウで作るワイン。候補はいくつかあったが、敢えてカリフォルニア独特のブドウであるジンファンデルに固執した。白は、ナパ・バレー内ハウエル・マウンテンの新興ワイナリー、アーケンストン(Arkenstone)が作るボルドー・ホワイト。山頂の自社畑で作るソービニョンブランとセミヨンをブレンドし、新樽で寝かせた複雑なワインだ。その他にもカリフォルニアワインの若きホープ、アーノ・ロバーツ(Arnot-Roberts)のテロワールワインや、リトライ(Littorai)のテッド・レモンが作るブルゴーニュ仕立ての古酒も持って行きたいし、珍しい品種を作る農家のワインも…と、今でも悩んでいる。

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

斎藤ゆき (Yuki Saito)

斎藤ゆき (Yuki Saito)

ライタープロフィール

東京都出身。NYで金融キャリアを構築後、若くしてリタイア。生涯のパッションであるワインを追求し、日本人として希有の資格を数多く有するトッププロ。業界最高峰のMaster of Wine Programに所属し、AIWS (Wine & Spirits Education TrustのDiploma)及びCourt of Master Sommeliers認定ソムリエ資格を有する。カリフォルニアワインを日本に紹介する傍ら、欧米にてワイン審査員及びライターとして活躍。講演や試飲会を通して、日米のワイン教育にも携わっている。Wisteria Wineで無料講座と動画を配給

この著者への感想・コメントはこちらから

Name / お名前*

Email*

Comment / 本文

この著者の最新の記事

関連記事

アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. 九州より広いウッド・バッファロー国立公園には、森と湿地がどこまでも続いている ©Parc nati...
  2. 2022年12月9日

    住みたい国
    熊本県八代市の「くまモンポート八代」で 8月の終わりから9月中頃にかけて、私とニナは日本に飛...
  3. 2022年12月7日

    日常の些事
    冬の落ち葉 年齢を重ねると、だんだんと感動が薄くなるとはよくいわれる。ほとんどのことは過去に...
  4. 2022年12月6日

    美酒と器
    酒器の種類 酒器にはさまざまな素材、形のものが存在する。適切な器を選ばないとお酒本来...
  5. 契約上のトラブル 広範囲にわたる法律問題を扱う弊社にはさまざまなお問い合わせがありま...
  6. この号が出る頃、私とニナは日本での3週間の滞在を終えてアメリカに戻っているはずだ。ニナにと...
  7. 2022年10月7日

    森英恵の反骨精神
    裏庭の蝶 ファッションが好きな女性はたくさんいるだろう。私もその一人だ。休日の気晴らしは以前...
  8. およそ2000人の作業員により、6年間で建設されたリドー運河 カナダの首都オタワと、5大湖の...
ページ上部へ戻る