シリーズアメリカ再発見㊴
中西部 飲み旅!
ミルウォーキー編

文&写真/佐藤美玲(Text and photos by Mirei Sato)

 

ビールを飲みながら足でペダルをこいで街を観光するツアー Photo © Mirei Sato

ビールを飲みながら足でペダルをこいで街を観光するツアー
Photo © Mirei Sato

酪農王国の「公式ドリンク」
ブラッディー・メアリー

 アメリカ中西部の人は、よく飲む。
 昼も夜も、ビールで乾杯。夏は、野球場でゴクゴクゴク。寒い冬は、雪降る中のフットボール観戦で、飲む飲む飲む。そして、かーっと体内から温まる。
 寒波が襲う路上でも、茶色の紙袋を片手に平然と座っている人がいる。中身はきっと、ウォッカだろう。
 さすがに朝からは飲まないでしょう…と思ったら、甘い甘い。寝起きにぴったりのカクテル。それがブラッディー・メアリーだ。
 それって、飛行機の中でよく出てくる、ウォッカをトマトジュースで割った、あれですか?——と思ってしまった人は、初心者だ。中西部では、あれをブラッディー・メアリーとは呼ばない。
 ウィスコンシン州は、アメリカの酪農大国だ。なんといっても、チーズがうまい。プロ・フットボールNFLのホームチーム「グリーンベイ・パッカーズ」の試合に行けば、熱狂的なファンが「チーズ・ヘッド」(チーズの形をした帽子)をかぶっている。
 州の最大都市ミルウォーキーは、ビールの生産地として世界的に有名だ。ミラー、パブスト、シュリッツがここに工場を構えていた。ドイツ系の移民がもちこんだ食文化が根づいており、「ビールにチーズにソーセージ」というのが大方のイメージだ。
 でも、聞く人に聞けば、ウィスコンシンの伝統的な「オフィシャル・ドリンク」は、ビールではなくて、ブラッディー・メアリーだと教えてくれる。州が定めているわけではないけれど、バーやレストランではどこでも、ブラッディー・メアリーが飲める。みんな一緒の味ではなく、たいがい、その店のこだわりがはいっている。
 トマトベースのブラッディー・メアリー・ミックスに、ウォッカと、ユニークなスパイス。そしてトッピング。セロリを刺すだけ、なんていうヤボな店はない。基本はオリーブ、ピクルス、チーズだが、ソーセージやハンバーガー、なんでもアリで、盛ってくる。
 さらに、「チェイサー」として、ビールがつく。なんという贅沢だろう。これは、ウィスコンシンならではだ。前述の「ソーベルマンズ」では、ビールもパイントサイズだった。州外から来た知らない客だと、バーテンダーに「ビールは頼んでませんけど…」なんて言ってしまうところ。
 冬が長いウィスコンシンでは、元来、保存食づくりの伝統がある。夏場にとれた新鮮なトマトを缶詰にして、野菜はピクルスにする。だから年中通して、おいしいブラッディー・メアリーが飲める。
 赤いドリンクには、ウィスコンシンのすべてが詰まっている。
 


 

1

2

3 4 5

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

関連記事

Universal Mobile
アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. 九州より広いウッド・バッファロー国立公園には、森と湿地がどこまでも続いている ©Parc nati...
  2. 2022年12月9日

    住みたい国
    熊本県八代市の「くまモンポート八代」で 8月の終わりから9月中頃にかけて、私とニナは日本に飛...
  3. 2022年12月7日

    日常の些事
    冬の落ち葉 年齢を重ねると、だんだんと感動が薄くなるとはよくいわれる。ほとんどのことは過去に...
  4. 2022年12月6日

    美酒と器
    酒器の種類 酒器にはさまざまな素材、形のものが存在する。適切な器を選ばないとお酒本来...
  5. 契約上のトラブル 広範囲にわたる法律問題を扱う弊社にはさまざまなお問い合わせがありま...
  6. この号が出る頃、私とニナは日本での3週間の滞在を終えてアメリカに戻っているはずだ。ニナにと...
  7. 2022年10月7日

    森英恵の反骨精神
    裏庭の蝶 ファッションが好きな女性はたくさんいるだろう。私もその一人だ。休日の気晴らしは以前...
  8. およそ2000人の作業員により、6年間で建設されたリドー運河 カナダの首都オタワと、5大湖の...
ページ上部へ戻る