シリーズアメリカ再発見㊴
中西部 飲み旅!
ミルウォーキー編

文&写真/佐藤美玲(Text and photos by Mirei Sato)

 

Photo © Mirei Sato

Photo © Mirei Sato

「メアリー」と「マリー」
ミルウォーキー歩いて飲み比べ

 ブラッディー・メアリーは、ミルウォーキーのサンデー・ブランチの定番だ。
 日曜の朝、「ミルウォーキー・フード&シティ・ツアーズ」が主宰する、ブラッディー・メアリー飲みまくりツアーに参加した。
 古い建物が残るサード・ワード地区を約3時間かけて歩いて回り、建築や街の歴史を学びながら、飲む飲む飲む、のが目的だ。
 集合場所は、ミルウォーキー市民の台所「パブリック・マーケット」の前。午前10時に行くと、20人近くが集まっていた。
 マーケットの目の前の交差点には、「ブラッディー・メアリー通り」「サンデー・ブランチ通り」という標識がある。これは、「The Wicked Hop」というバー&レストランのお飾り。ミルウォーキーの「ベスト・ブラッディー・メアリー」に何度も選ばれている人気の店だ。シュリンプ、マッシュルーム、スパゲッティのような形をしたチーズ・ウィップ、ウィスコンシン名物のビーフスティック・ソーセージなどがのっている。
 サンデー・ブランチは、長いと2時間待ち。あまりに混んでいるので、団体では入れない。ということで、私たちが向かった1軒目は、「Smoke Shack」だ。
 バーテンダーが、氷のはいったグラスに、どぼどぼと豪快にブラッディー・ミックスを加えていく。バーベキュー専門の店らしく、ブラッディー・メアリーにもスモーキーなフレーバーが充満している。ソーセージ、オリーブ、ピクルスのトッピング。プルドポークをのせたスイートポテトのパンケーキも一緒に出てきた。
 2軒目は、「Swig」。自前のハラペーニョ・ウォッカを使うのが特徴だ。腰がひける人は、さっぱり系のバジルかキューカンバーも選べる。当然ハラペーニョを試したが、パンチがあっていい。トッピングは、オリーブ、レモン、ライムだけだ。
 「ハシゴ」しながら歩いて回るのは、サード・ワード地区だ。アイルランド系移民が、湿地を埋め立てて住みついた場所だが、19世紀後半の大火事で建物のほとんどが焼けた。そのせいで、今も、ビルの壁に裂け目があったり、建物がじゃっかん傾いていたりする。荒廃していた地域を再開発して、今や「ミルウォーキーのソーホー」と呼ばれるぐらい、おしゃれで歩きやすい街に変身した。
 3軒目は、「Irish Pub」へ向かう。なぜ、と思うところだが、ここでは「ブラッディー・メアリー」ではなく、「ブラッディー・マリー」を飲むのだ。ウォッカの代わりに、アイリッシュ・ウィスキーを使う。香りをかいだだけで、ウォッカとの違いがわかる。ベーコン、オリーブ、チーズ、ピクルスの豪華な盛り合わせ。
 強いウィスキーで、本来ならチェイサーでビールもつくわけだから……。中西部に暮らしていたら、「飲みぶくろ」が鍛えられて当然だ。
 バーテンダーの女性は、「先週末、サンディエゴに遊びに行ったんだけど、朝、レストランでブラッディー・メアリーを頼んだら、かなり驚かれたわよ。ビールのチェイサーも一緒にね、って言ったら、変な顔をされた。ここでは普通なんだけど。相当な『のんべえ』だと思われたかもね」と笑っている。
 「ただの『トマトジュース+ウォッカ』ならどこにでもあるけど、そんなのここでは通用しないわね。ミルウォーキーでは、スパイスをきかせて、チェイサーはビール。飾りをみんな競い合って工夫するのよ」
 アペタイザーでもあり、ブレックファストでもあり、ディナーでもあり、ドリンクでもあり。奥が深い。
 最後は「Rustico」へ。ミルウォーキー・リバー沿いのテラスで、行き交うカヤックやボートを眺めながら、一杯。ちょっと薄いが、スパイシーで美味しかった。
 


 

1 2

3

4 5
Universal Mobile

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

関連記事

Universal Mobile
アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. 九州より広いウッド・バッファロー国立公園には、森と湿地がどこまでも続いている ©Parc nati...
  2. 2022年12月9日

    住みたい国
    熊本県八代市の「くまモンポート八代」で 8月の終わりから9月中頃にかけて、私とニナは日本に飛...
  3. 2022年12月7日

    日常の些事
    冬の落ち葉 年齢を重ねると、だんだんと感動が薄くなるとはよくいわれる。ほとんどのことは過去に...
  4. 2022年12月6日

    美酒と器
    酒器の種類 酒器にはさまざまな素材、形のものが存在する。適切な器を選ばないとお酒本来...
  5. 契約上のトラブル 広範囲にわたる法律問題を扱う弊社にはさまざまなお問い合わせがありま...
  6. この号が出る頃、私とニナは日本での3週間の滞在を終えてアメリカに戻っているはずだ。ニナにと...
  7. 2022年10月7日

    森英恵の反骨精神
    裏庭の蝶 ファッションが好きな女性はたくさんいるだろう。私もその一人だ。休日の気晴らしは以前...
  8. およそ2000人の作業員により、6年間で建設されたリドー運河 カナダの首都オタワと、5大湖の...
ページ上部へ戻る