シリーズアメリカ再発見㊴
中西部 飲み旅!
ミルウォーキー編

文&写真/佐藤美玲(Text and photos by Mirei Sato)

ミルウォーキー 旅の参考情報

wisconsin_map

ミルウォーキーの最新観光情報はここで!
Visit Milwaukee   www.visitmilwaukee.org
Travel Wilconsin   www.travelwisconsin.com

 

見る • SEE

Harley-Davidson Museum
ハーレーダビッドソン博物館
400 W Canal Street, Milwaukee, WI
www.harley-davidson.com/content/h-d/en_US/home/museum.html

Photo © Mirei Sato

Photo © Mirei Sato

「Harley-Davidson Motor Company」は1907年にミルウォーキーで創業した。この博物館は、バイク好きにとっては聖地のような場所。ハーレーの歴史やモデルの変遷がわかる450以上の展示物がある。ハーレーにまたがって記念撮影もできる。
東日本大震災の津波で、宮城県山元町からカナダのブリティッシュ・コロンビアに流れ着いたハーレーが展示されているのが興味深い。持ち主は、自宅も家財も家族も失ったといい、犠牲者を偲ぶ意味でも、愛車がこの博物館に展示されることを望んだという。博物館は、あえて修理せず、さびついたままで展示している。
入場料10〜20ドル。

東日本大震災の津波で宮城からカナダに流れ着いたバイク Photo © Mirei Sato

東日本大震災の津波で宮城からカナダに流れ着いたバイク
Photo © Mirei Sato


400 W Canal Street, Milwaukee, WI

 

Photo © Mirei Sato

Photo © Mirei Sato

Milwaukee Boat Line
mkeboat.com/sightseeing/

ミルウォーキー・リバーから、ミシガン湖を回って戻ってくるクルーズ。「History & Architecture」(90分)が、8.99〜17.99ドル。

 

飲む • DRINK

Photo © Mirei Sato

Photo © Mirei Sato

Sobelman’s Pub-n-Grill
ソーベルマンズ・パブ&グリル
1900 W St. Paul Avenue, Milwaukee, WI
www.milwaukeesbestburgers.com

デーブ&メラニーのソーベルマン夫妻が経営する。ブラッディー・メアリーが名物だが、バーガーやベーコン巻きチーズなど定番メニューを目当てに常連客がやってくる。

Photo © Mirei Sato

Photo © Mirei Sato

 

Great Lakes Distillery
グレイト・レイクス・ディスティラリー
616 W Virginia Street, Milwaukee, WI
www.greatlakesdistillery.com

Photo © Mirei Sato

Photo © Mirei Sato

禁酒法以降、ミルウォーキーで最初にオープンしたウィスキーの蒸留所。手づくり、少量生産を大事に守っている。ツアーやテイスティングができる。最近はミルウォーキーでも、ビールだけでなく、ウィスキーを飲む人が増えているという。

Photo © Mirei Sato

Photo © Mirei Sato

616 W Virginia Street, Milwaukee, WI

 

Milwaukee Food & City Tours
ミルウォーキー・フード&シティー・ツアーズ
www.milwaukeefoodtours.com

Photo © Mirei Sato

Photo © Mirei Sato

「Bloody Mary Brunch」ツアー(2時間半、55ドル)が一番人気がある。ほかに、ミルウォーキーの名物バーを訪ねたり、ミルウォーキー・スタイルのピザを食べ歩いたり、ブレイディー・ストリートを観光したりするツアーも。

 

食べる • EAT

Photo © Mirei Sato

Photo © Mirei Sato

Milwaukee Public Market
ミルウォーキー・パブリック・マーケット
400 N Water Street, Milwaukee, WI
www.milwaukeepublicmarket.org

ミルウォーキーの名物料理がひと通り食べられて、お土産を買うにも便利な場所。チーズとソーセージの専門店「West Allis」では、新鮮な「Fried Cheese Curd」と、ドイツのソーセージ「Bratwurst」をはさんだドッグを。老舗「Kehr’s」で、名物「フローズン・カスタード」(Frozen Custard、アイスクリームをこう呼ぶ)を食べよう。ビールやワインのバーもあり、ゆっくりできる。

Photo © Mirei Sato

Photo © Mirei Sato

400 N Water Street, Milwaukee, WI

 

Photo © Mirei Sato

Photo © Mirei Sato

Usinger’s
ユーシンガーズ
1030 N Old World Third Street, Milwaukee, WI
www.usinger.com/visit-our-store

1880年に、ドイツから移民したフレデリック・ユーシンガー氏が創業。現在は4代目のフリッツさんが継いでいる。伝統の作り方で丁寧にいぶしたドイツ風ソーセージが何種類もそろう。豚肉は近隣のアイオワ州やネブラスカ州から仕入れ、新鮮なガーリックやナチュラルなスパイスを使っているという。
ミルウォーキーは、ドイツ北部に気候が似ているといい、ビールやチーズ、乳製品づくりが盛んになった。
オンライン販売もしている。ホリデーシーズン前と、夏のバーベキュー・シーズンが一番忙しい。

Photo © Mirei Sato

Photo © Mirei Sato


1030 N Old World Third Street, Milwaukee, WI

 

Mader’s Restaurant
メーダーズ・レストラン
1041 N Old World Third Street, Milwaukee, WI
www.madersrestaurant.com

Photo © Mirei Sato

Photo © Mirei Sato

ミルウォーキーに色濃く残るドイツ食文化を代表する店。1902年創業。シュニッツェル、アイスバインなどが楽しめる。胸を強調したウェイトレスの衣装、アコーディオン弾きのおじさんなど、毎日が「オクトーバー・フェスト」な雰囲気。

Photo © Mirei Sato

Photo © Mirei Sato

1041 N Old World Third Street, Milwaukee, WI

 

Photo © Mirei Sato

Photo © Mirei Sato

Café Calatrave at Milwaukee Art Museum
ミルウォーキー美術館カフェ
700 N Art Museum Drive, Milwaukee, WI
www.mam.org

Photo © Mirei Sato

Photo © Mirei Sato

ミシガン湖畔に建つ、白くて優美な美術館。屋根の部分は「Burke Brise Soleil」と名づけられたデザインで、羽のように広がる。併設のカフェは、眺めがいい。開催中の展覧会の内容にあわせて、ミルウォーキー生まれのエグゼクティブ・シェフ、Micah Kaufman氏がつくる創作料理が人気。

Photo © Mirei Sato

Photo © Mirei Sato


700 N Art Museum Drive, Milwaukee, WI

 

Photo © Mirei Sato

Photo © Mirei Sato

Engine Company No 3
エンジン・カンパニー・ナンバースリー
217 W National Avenue, Milwaukee, WI
www.enginecompany3.com

Photo © Mirei Sato

Photo © Mirei Sato

店名の通り、消防署だった建物を改装したレストラン。ミルウォーキーでトップの人気を誇る、朝食とブランチの店。
オーナー・シェフのPeter Sandroni氏は、ミルウォーキー出身。地元近隣の農家とシェフをつなぐプログラム「Restaurant Supported Agriculture」の創設者でもある。

Photo © Mirei Sato

Photo © Mirei Sato

217 W National Avenue, Milwaukee, WI

 

Photo © Mirei Sato

Photo © Mirei Sato

Braise Restaurant & Culinary School
ブレイズ・レストラン&料理学校
1101 S Second Street, Milwaukee, WI
braiselocalfood.com

Photo © Mirei Sato

Photo © Mirei Sato

ミルウォーキーで最初に「Community Supported Restaurant」としてできた店。ボウリング場の廃材を使ったインテリアがユニーク。屋上に菜園がある。オーナー・シェフのDavid Swanson氏は、ジェームズ・ビアード賞の候補にもなった。

Photo © Mirei Sato

Photo © Mirei Sato

1101 S Second Street, Milwaukee, WI

 

泊まる • STAY

Photo © Mirei Sato

Photo © Mirei Sato

The Pfister Hotel
フィスター・ホテル
424 E Wisconsin Avenue, Milwaukee, WI
www.thepfisterhotel.com

「ミルウォーキーのウォルドルフ・アストリア」と呼ばれる、由緒あるホテル。歴代の大統領が常宿にしてきただけあって、サービスは一流。最上階のバー「Blu」からは、ミシガン湖をパノラマで眺めることができる。

Photo © Mirei Sato

Photo © Mirei Sato

エグゼクティブ・シェフのBrian Frakes氏は、エコシステムを考えてホテルで養蜂を始めた。育てたハチからとれる新鮮なハニーをディナーに取り入れている。

424 E Wisconsin Avenue, Milwaukee, WI

 

The Iron Horse Hotel
アイアン・ホース・ホテル
500 W Florida Street, Milwaukee, WI
www.theironhorsehotel.com

Photo © Mirei Sato

Photo © Mirei Sato

個性があるハイエンドなブティック・ホテルとして有名。もとはマットレスの製造工場だった築100年の建物を、見事に改装し、2008年にオープンした。先住民が鉄道のことをアイアン・ホースと形容し、バイク好きはオートバイを「アイアン・ホース」と呼ぶことから、命名した。
ホテル入り口にたなびく国旗は、30本のジーンズでつくった。インテリアは、ホテルの建物ができた産業革命の時代とそれを支えた労働者、当時のルーズベルト大統領にオマージュを捧げて、細部までこだわっている。
宿泊客にはバイカーが多く、ハーレーのディーラーも常宿にしているという。バイク専用の洗車コーナーがあるのも親切。

500 W Florida Street, Milwaukee, WI
1 2 3 4

5

Universal Mobile

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

佐藤美玲 (Mirei Sato)

佐藤美玲 (Mirei Sato)

ライタープロフィール

東京生まれ。子供の時に見たTVドラマ「Roots」に感化され、アメリカの黒人問題に対する興味を深める。日本女子大英文学科アメリカ研究卒業。朝日新聞記者を経て、1999年、大学院留学のため渡米。UCLAアメリカ黒人研究学部卒業・修士号。UMass-Amherst、UC-Berkeleyのアメリカ黒人研究学部・博士課程に在籍。黒人史と文化、メディアと人種の問題を研究。2007年からU.S. FrontLine誌編集記者。大統領選を含め、アメリカを深く広く取材する。

この著者への感想・コメントはこちらから

Name / お名前*

Email*

Comment / 本文

この著者の最新の記事

関連記事

アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. 九州より広いウッド・バッファロー国立公園には、森と湿地がどこまでも続いている ©Parc nati...
  2. 2022年12月9日

    住みたい国
    熊本県八代市の「くまモンポート八代」で 8月の終わりから9月中頃にかけて、私とニナは日本に飛...
  3. 2022年12月7日

    日常の些事
    冬の落ち葉 年齢を重ねると、だんだんと感動が薄くなるとはよくいわれる。ほとんどのことは過去に...
  4. 2022年12月6日

    美酒と器
    酒器の種類 酒器にはさまざまな素材、形のものが存在する。適切な器を選ばないとお酒本来...
  5. 契約上のトラブル 広範囲にわたる法律問題を扱う弊社にはさまざまなお問い合わせがありま...
  6. この号が出る頃、私とニナは日本での3週間の滞在を終えてアメリカに戻っているはずだ。ニナにと...
  7. 2022年10月7日

    森英恵の反骨精神
    裏庭の蝶 ファッションが好きな女性はたくさんいるだろう。私もその一人だ。休日の気晴らしは以前...
  8. およそ2000人の作業員により、6年間で建設されたリドー運河 カナダの首都オタワと、5大湖の...
ページ上部へ戻る