パフォーマーを規制すべきか?

「ホコ天」全米各地で議論

times-square

 キャラクターやヒーローに扮して、写真を撮る観光客にチップを要求。僧侶のふりをしてお布施をせびる。どちらも、ニューヨークのタイムズスクエアの日常的な光景だ。
 
最近は、ボディーペイントを施しただけの半裸の女性パフォーマーが加わり、「カメラ小僧」が群がるように。「公序良俗に反するのでは」という議論が起こり、 ビル・デブラジオ市長は、歩行者天国の廃止を含めた規制をちらつかせている。8月には、「規制は行き過ぎだ」「女性も裸になる権利がある」と、女性たちが デモ行進をした。
 ニューヨーク・タイムズ(8月23日付)によると、タイムズスクエアが歩行者天国になったのは、2009年。当時のブルームバーグ市長が、南北に走るブロードウエーを車両通行禁止にした。以来、周辺の道路は舗装し直され、「ショッピングモール」と化して、市民や観光客の憩いの場になった。
 
歩行者天国の問題に悩んでいるのは、ニューヨークだけではない。
 
1960~70年代にかけて、全米各地で、郊外に歩行者天国を取り入れたショッピングモールが誕生した。車を締め出せば、都会の中心部に奪われた客足を取り戻せるのではないかと考えたからだ。
 
しかし結局、その多くが「ストリートはストリートとして機能させるべきだ」という結論に至った。
 
ロングアイランドのフリーポートビレッジは、86年、歩行者天国をやめて車両通行を再開させた。
 
シカゴでは、79年に、ステート・ストリートに1マイルに及ぶ歩行者天国ができた。しかし期待された復興は起きず、かえって車の乗り入れを禁止したために活気がなくなった。90年代半ばに車の乗り入れを再開し、ダウンタウンの住民の利用が増えて活気が戻ったという。
 
一方で、今も歩行者天国を続けて成功している都市もある。
 
ミネアポリスは、築47年のニコレット・モールを5000万ドルかけて改装中だ。ニコレット・アベニューの12ブロックを、バス以外の車両の通行禁止地区にする。ミネアポリスではダウンタウンの人口が増えており、これが追い風になると市は見積もっている。


この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

この著者の最新の記事

関連記事

アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. 2022年4月12日

    大学の日本語クラス
    アメリカの大学の日本語クラスは人気がある。私自身、過去にカリフォルニア大学ロサンゼルス校(U...
  2. 2022年4月10日

    家を遺す
    家の売買に関わる仕事を長年している。人それぞれ異なった理由でこの職業を選択するのだろうが、私...
  3. 大西洋岸に面したカナダのノバスコシア州にある小さな港町・ルーネンバーグ。赤、青、緑、黄色……...
  4. NFTを買う理由 NFTの購入方法は、日々さまざまな選択肢が追加されています。現在もっとも一般的...
  5. マインドフルネスとは? マインドフルネス(Mindfulness)=“今この瞬間” の心の...
  6. Q.周りに日本人がいない環境で乳幼児を育てています。日本語をどう育んでいくか不安です。 このご質...
  7. Q.海外に長く住んでいて、子どものアイデンティティが心配です。日本人として育ってほしいのですが…...
  8. 2年前に日本食品のオンラインストアをオープンし、2021年12月22日にはジョージア州アトラ...
ページ上部へ戻る