アデルにプリンス、聴けば

節水せずにはいられない?

pandora

 干ばつが続く南カリフォルニアの都市水道区(MWD)が、節水を呼びかけるユニークな試みを行っている。ロサンゼルス・タイムズ(8月21日付)が伝えた。
 
音楽ストリーミングサービス「パンドラ」(Pandora)のウェブサイトで、水と雨に関する曲ばかりを流す「ウォーター・ラバーズ局」というアプリを立ち上げたのだ。
 
「#TakeATurnCA」という節水キャンペーンの一環。100曲以上をパンドラのリストに載せて、「シャワーを浴びる前に、リストからお気に入りの曲を選んで流してください。曲が終わる前にシャワーも終わらせると、節水になる」としている。
 
たとえば、アデルの「Set Fire to the Rain」。フィル・コリンズの「I Wish It Would Rain Down」。ボーイズⅡメンの「Water Runs Dry」。プリンスの「Purple Rain」。サイモン&ガーファンクルの「Bridge Over Troubled Water」などだ。
 
TLCの「Waterfalls」、ミッシー・エリオットの「I Can’ t Stand the Rain」も加わった。
 
MWDは、ロサンゼルス、オレンジ、サンディエゴ、リバーサイド、サンバーナディーノ、ベンチュラの各郡の都市に住む、1900万人に飲料水を供給する、26都市および水道区のコンソーシアムだ。
 
節水を呼びかけるために、ロサンゼルスの名物ランドマーク「ランディーズ・ドーナツ」のサインを布で覆って蛇口のように見せる企画も行った。
 
プレイリストにアクセスするには、パンドラのウェブサイトにアクセスするか、パンドラのアプリをダウンロードして、クリエイト・ア・ステーションのボックスで「ウォーター・ラバーズ・プレイリスト」を検索する。


この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

この著者の最新の記事

関連記事

注目の記事

  1. クルーズの季節がやってきた! エンターテインメントやサービスの質の高さに定評がある、ディズニー・クルーズライン。巨大客船「ディズニー・ドリーム号」でゆく、「4泊5日・バハマの旅」を紹介する。
  2.  2017年2月、東京に所用ができ、2泊することになった。宿泊先として以前から興味を覚えてい...
  3. 2017年12月3日

    HOWDY!!!
    HOWDY!!! 皆様、サンクスギビング・ホリデーも終わり、あっという間に12月がやってきまし...
  4. 本特集は一般的なケースの情報提供を目的としたものです。特定事例における法的アドバイスが必要な場合...
  5. 万が一に備え十分な補償額を 自動車保険  公共交通機関が整備されていない地域もあるア...

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る