最後の記者魂?「Spotlight」

文/はせがわいずみ(Text by Izumi Hasegawa)

Photo by Kerry Hayes  © Open Road Films

Photo by Kerry Hayes © Open Road Films

 
 2002年、ボストン・グローブ紙が、神父の性的虐待をカトリック教会が組織だって隠蔽していたことをスッパ抜く。それによると、70人以上の神父が少年少女に性的虐待を行っていたという。

 メディアの大変革の兆しが見え始めた2001年にボストン・グローブ紙に引き抜かれたユダヤ系の編集者の指示で、同紙の報道特集欄「スポットライト」のチームが独自に調査して書き上げたその記事は、市民と読者の大多数がカトリック教徒である同エリアに衝撃を与えた。

 マスコミは生き残りをかけて広告主の顔色を以前にも増してうかがうようになった昨今、本作で描かれるような記者魂を見せることができなくなってしまった。劇中でも、広告や購読の収入と正義について話すシーンがあり、共感を覚えた。

 これまでハリウッドでは、神父の性的虐待を題材にした映画を幾度となく描き、また、我々もそうしたニュースを耳にする。なぜカトリックの神父は性的虐待をしがちなのだろう。信者数が多いから件数も多く、明るみに出るのだろうか? 上級職に就くには基本的に妻帯者であってはならないゆえに性的な欲求不満になり、そうした行動に出てしまうのだろうか? 罪を犯してもざんげをすれば許されるという考えがあるからだろうか? 罪を隠蔽することに罪悪感を抱かないのだろうか? 今では珍しくなってしまった記者魂によるペンの強さを描いた本作で、宗教の恐ろしさを実感した。

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

はせがわいずみ (Izumi Hasegawa)

はせがわいずみ (Izumi Hasegawa)

ライタープロフィール

島根県松江市出身。映画ジャーナリスト・神主。NHKなどのアナウンサーを経て、映画・TV記者に。取材したセレブはのべ5000人以上。スターのインタビューや写真を全世界の媒体に配信する通信社Hollywood News Wire Inc. を経営 (一部をWhatsUpHollywood.comに掲載。動画インタビューはUTBでも放送中!!)。ハリウッドと日本の架け橋としてHollywood-PRを立ち上げ、PR・マーケティング、コンサルタントとしても活動中。
実家が神社(出世稲荷神社)なので神主の資格を持つ。島根県ふるさと親善大使「遣島使」。著書:TV『24』公式解説本『メイキング・オブ 24-TWENTY FOUR-』(竹書房)

この著者への感想・コメントはこちらから

Name / お名前*

Email*

Comment / 本文

この著者の最新の記事

関連記事

注目の記事

  1.  ホテルから迎えのバンに乗り込んだのは、午前1時半過ぎ。暗闇の中、バンは出発した。向かう先は...
  2. Sumitomo Warehouse
    カリフォルニア州トーランスにオフィスを構えるSUMITOMO WAREHOUSE(U.S.A.), ...
  3. 食物は加工せず 添加物もなし  ここ数年、「新しくて古いダイエット法」と呼ばれ、注...
  4. 診断と治療の問題点 認知症とは何か? 生後に正常に発達した諸々の精神機能が慢性的に減退すること...
  5.  旅行や商用でレンタカーを借りる機会があると思いますが、保険はどうしていますか? 自分の自動車保険が...

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る